ま、テキトーにな。

タクティカルトレーニング ~IBF8 in SAS-T~




ども、JINNです。





最近すっかりブログの更新も滞っているのに何故か一年前に比べてアクセスが多い。





アクセスワードも以前は車関係が多かったのに最近ではサバイバルゲームやミリタリー関係のワードが主で、毎月一番多いアクセスワードが

「タクティカルトレーニング」

とか、

「CQB やり方」

というのが多くなり、最近のタクティカルトレーニング(以下タクトレ)への関心の高さがなんとなく伺えます。








もうね、車関係のアクセスワードなんてスッカリご無沙汰(^-^;









そんな訳でせっかくタクトレに興味を持った方々がブログに訪問してくれているので私がタクトレを受講している場所、団体をご紹介したいと思います。






まず初めに私が一番最初にタクトレを受講した八王子にあるIBF8
内のトレーニング施設、SAS-T



ここではCQBの基本の基礎、射撃姿勢やエアガンの構え方等をジックリ教わりました。





トレーニング内容は参加者の希望やレベルによって変わりますが、銃の構え方や扱い方はもちろんのこと、射撃前姿勢、射撃姿勢、バリケード射撃、チームによる連携の取り方など基本的なことから応用までシッカリと学ばせてくれます。


何よりCQBテクニックをサバイバルゲームでも使えるように教えてもらえるのも、ゲーマーにとってとても参考になると思います。





f0046325_1344139.jpg



初めてSAS-Tでのトレーニングでホルスタードローの練習。

ハンドガンの持ち方が一昔前の持ち方なのはご愛嬌(^-^;







ここのトレーニングフィールド1番の魅力、CQBフィールドでのトレーニングは様々なシチュエーションが展開できるので色々なパターンのトレーニングが可能です。







まずシューティングエリア(仮)では射撃の基礎や応用、バリケードテクニック、チームによる連携を学べます。





f0046325_13184497.jpg



レーンは5レーンありますが、状況によって色々とレイアウトを変更出来るので様々なトレーニングが可能です。







f0046325_13242560.jpg



各レーンから各自射撃を開始。



f0046325_13252087.jpg



面での制圧射撃なので横のラインを崩さずに前身するのがポイント。




f0046325_13261595.jpg



途中教官からの号令で射撃姿勢を変えて射撃を継続します。

一番奥では私が途中で弾切れによる弾幕が切れるのを防ぐために早めのマグチェンジ。
各自のマグチェンジのタイミングをずらすのも制圧射撃では重要です。





f0046325_1331592.jpg



もちろんスイッチからのモデファイもやらされます(^-^;





f0046325_1335110.jpg



レンジを横に使ってのムービングシュート。

このムービングシュートでは常に動き続けるのがポイント。
射撃に夢中になったり、ターゲットに弾が当たらないと動きが遅くなったり止まってしまいます。




f0046325_1336017.jpg



人数が少ないと撃ち終った後スタートラインまで走って戻らなければならないので、かなりハードです。

ちなみに、誰かの携帯している弾がなくなるまで終わりません。





f0046325_1339175.jpg



今度は中央のレーンを使い、左右に設置されたターゲットを動きながら、しかもスイッチングしながらムービングシュートをするのでさらに難易度が上がります。





f0046325_150197.jpg



バリケードを使って相互支援しながら移動するトレーニング。


ここでは仲間との意思の疎通が重要で、移動する時、マグチェンジの時の掛け声や銃口管理などの安全管理もかかわってくるのでさらに難易度が増してきます。






CQB基礎エリア(仮)では基本的なテクニックでもあるカッティングパイや2マンセルでの動きで室内検索やバディとのカバー(相互支援)などを学べます。



f0046325_14464016.jpg



スタックを組み、部屋の入り口まで静かに接近。



f0046325_1449493.jpg



まずはカッティングパイ(カットパイとかパイとか呼び方は場所により様々)で室内を検索。
その後突入します。



f0046325_14541483.jpg



一通りの動きをやった後、すぐに良かったところ、悪かったところを指摘され、修正しながら何度も基本動作を繰り返します。







さらに画像はありませんが、ホテルをイメージしたCQB応用エリア(仮)の2箇所では様々な室内検索を学ぶことが出来ます。
特に一番最後のエリアはカフェテリアやバーを想定しており、4人以上でないと突入するには厳しくなっています。







よくYouTube等の動画サイトを見て動き方を知っている方を見かけることがありますが、その動きの意味やポイントを理解している人はあまり見かけません。


その点トレーニングを受講すると一つの動作のポイントや動きの意味を学べるのでよりレベルアップを図れます。







トレーニング内容も初心者コースから1日ざっくりコースなどの設定もありますが、どんなトレーニングを受けたいか相談すれば希望に沿った内容でトレーニングを受講できます。




個人的にSAS-Tはサバイバルゲーム初心者から上級者まで幅広くお勧めの場所です。












おまけ♪








初めてSAS-Tのトレーニングを受講した時の一枚。









f0046325_1523218.jpg




スタックを組んでいるトップ二人はミリブロでも有名なタッキーSGT氏せんじ~の氏


この二人とはその後他のトレーニング場でもご一緒することとなり、私は彼らが作り出す色々な伝説を目の当たりにすることとなります♪(≧∀≦)ノシ










ではまた。
[PR]
by thirty-satan | 2012-02-25 15:42 | タクティカルトレーニング
<< タクティカルトレーニング ~I... ニューイヤーミーティング 2012  >>



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧