ま、テキトーにな。

カテゴリ:アクシデント!( 5 )

ある朝の出来事 3

2008年12月19日(金)


朝、私は通勤途中で地下鉄からJRに乗り換えようとした駅
で、転倒した男性を避けようとして私まで転倒してしまった。

しかし私はその場に居合わせた他の乗客に私は助けられ、そのまま会社に向かうことが出来たのだが腰と右肩、そして以前怪我をした左膝の痛みは少しずつ無視出来ない痛みへと変わっていった。













会社に着くと明らかに左膝が腰や右肩以上に痛みを訴えてきた。









以前にも味わった事のある、膝間接の内部から広がるような痛み。



そして痛みのあまり歩くことも困難になりはじめてきたので、私は急遽病院で診てもらうことにした。












以前お世話になった人体修復専門工場は飯田橋から中野へと移転してしまっていたのだが、やはり主治医がいる場所が安心して受診出来るので多少時間がかかっても中野まで行くことにした。











お昼前には人体修復専門工場に到着したのだが、左膝の痛みはピークを迎えていた。











車を駐車場に停め人体修復専門工場の入り口に向かってヨロヨロと歩いていると、まずは警備員が駆け寄ってきて、

警備員 「大丈夫ですか?車椅子をお持ちしましょうか?」

私 「いや、大丈夫です。歩けますから。」





次に入口に入ると受付の女性が近づいてきて、

受付嬢 「大丈夫ですか?松葉杖をお持ちしましょうか?」

私 「あ、大丈夫です。」






続いて、外来の整形外科の受付に向かうと案内係の男性に、

案内係 「書類は私が受付にお持ちしますから、そちらに座ってお待ちください。」

私 「あ、すみません。」






そして、整形外科の外来患者受付では受付の女性が

女性 「座っててください!書類は全部こちらでやりますから。」

私 「あ、はい、スミマセン・・・・」


















そんなに酷そうに見えるのかな・・・・・・・・・・



















そんな感じで一通り受け付けや問診表を書き終えて待合室の椅子で待っていると、少し離れたところに整形外科の医師の診察担当曜日の掲示板があるのを見つけました。




丁度その日は金曜日で、私の左膝の三度の手術を担当してくれたS家医師が第三診察室で診察をしている曜日だった。





私は、
”担当医に見てもらえるなら”
と内心ホッとしていると、受付から第七診察室に入るよう案内された。














第七診察室!?













あれ!?第三診察室じゃないの!?
















第七診察室って・・・・・・・・













T賀医師・・・・・




















T賀医師!?












もうビックリ!!




まさか整形外科部長直々に診察しているとは!!



しかも野武士のような風体をしていて、すっげぇ~強面の、視線だけで人を気絶されることの出来るような鋭い視線を持つT賀医師が私の診察を!?



どうしてS家医師じゃないの!?















私には診察する医師を選択する権利すら与えられずに、野武士のようなT賀医師の待つ第七診察室に連行されてしまった。









                     つづく!
[PR]
by thirty-satan | 2009-02-12 01:24 | アクシデント!

ある朝の出来事 その2




12月19日(金)の朝、私は通勤途中で地下鉄からJRに乗り換えようとした駅で、転倒した男性を避けようとして私まで転倒してしまった。









その時突然私の首にか細い腕が絡められたかと思ったら、グイッと私を後方へと引っ張ってくれた。






まさにヒクソン・グレイシーのごとく見事なチョークスリーパーをかけられた状態だった。










しかも手加減無し。











だが、チョークスリーパーで引っ張ってもらえたおかげで腐海から溢れ出た怒れる王蟲のごとき通勤ラッシュ時の乗客達に踏み潰されずに済んだ。









強打した腰と右肩の痛みに耐えながらチョークスリーパーをかけられたことにより咳き込んでいると、
「大丈夫ですか?」
とグレーのダッフルコートにスリムのジーンズ、そしてセミロングの女性に声をかけられた。



「すみません、大丈夫です。」




どうやらこの女性に助けられたらしい。



私は右腕に絡まったカバンのスリングをほどきヨロヨロと立ち上がると、
「気を付けてください。」
と言い、その女性は乗客の少なくなった電車に乗り込んで行った。









「あっ」










私がお礼を言う間を与えないように電車のドアは閉まり、電車は次の駅へと出発してしまった。















なんとも"男らしい"去り方。













いや、女性なんですけどね・・・・・









私の前で倒れた男性もどうやら踏み潰されることなく無事だったらしく、
「すみません、すみません、」
と回りに謝っていた。










そして駅のホームはまるで何もなかったかのようにいつも通りに。










ま、朝の忙しい通勤時間に転んだ男二人をかまっている暇は誰もないんでしょうね・・・・・









そして私も先に転んだ男性も何事もなかったかのように、JRのホームに向かって地下鉄の階段を登り始めた。



だが地下鉄の改札を通る頃、私は強打した腰と右肩の痛み以外に違う痛みを左膝に感じていた。







ぶつけたりしたのとは明らかに違う痛み。









膝間接内部から広がるような、なんともしようのない痛み。









明らかに以前味わったことのある嫌な痛みだった。










そしてその痛みはJRを降りて駅から会社に歩いて向かう途中には、無視できない痛みへと変わっていった。






                          つづく!!

[PR]
by thirty-satan | 2009-01-18 03:03 | アクシデント!

ある朝の出来事 その1


2008年 12月19日 金曜日






私は某地下鉄の電車に乗っていた。







電車内はJRに乗り換えの出来る駅に到着する手前のため、殆んどの乗客が次の駅で開く進行方向に向かって左の扉の方に向いていた。





扉の前には乗客が横三列に並んでおり、私は前から三番目の一番左に並んでいた。




もちろん私の後ろにも他の乗客が扉に向かって立っていた。







私の前の二人は男性で、右斜め前は女性だった。










駅に到着し扉が開くとまるで軍隊の行進のように一斉に乗客が隊列を崩さずに前進する。







もちろん私も。









だが私が駅のホームに左足を踏み出そうとした時に、
「キャッ!」

と言う女性の声が聞こえ、同時に私の前に並んでいた男性が視界から消えた。




私は驚いて足元を見ると、なんと私の前にいた男性がまるで飛び込みでもしたかのように前方に両手を伸ばして転んでいた。






「えぇ!?」





私は出しかけた左足を止めて立ち止まろうとしたのたが、朝の通勤ラッシュの乗客達はまるで腐海から溢れ出た怒れる王蟲のように津波のごとく押し寄せてきた。











もう誰にも止められない。








もちろん私にも止められるはずもなかった。










なんとか踏み留まろうと頑張ってはみたのだが、次の瞬間私は後ろから二つの柔らかいマシュマロに突き飛ばされてしまった。









「うほっ♪」










一瞬の喜びもつかの間、私の前方では倒れた男性はそのまま私の行く手を塞ぐように倒れたまま。










私は咄嗟に左足を倒れたままの男性の左側に出したのだが、なんとこの倒れた男性が狙ったように私の左足の着地予定ポイントに足を広げやがったのだ!







私の左足は倒れた男性の足を踏まないようにその手前に強行的に着地したのだが、不十分な着地の為二つのマシュマロに突き飛ばされた勢いを受けきることができなかった。







私は左斜め前方に体を捻りながら背中から転倒し、腰、右肩をホームに強打し、そして後頭部も軽く打ってしまった。







しかも私は咄嗟に起き上がろうとしたのだが、持っていた肩掛けカバンのスリングが右腕に絡まって起き上がることが出来なかった。








「しまった!」








すでに目の前には腐海から溢れ出た怒れる王蟲のごとき電車から降りてくる乗客達が、倒れた男性を避けて私の方へと突進してきた!











もう誰にも止められない。









身動きの出来ない私は覚悟を決めるしかなかった。










                        つづく!
[PR]
by thirty-satan | 2008-12-29 05:09 | アクシデント!

年末といえば、

ども、JINNです。






例年通りにね、来ている訳ですよ、”クリスマス”ってヤツが。



この"100年に一度の不景気”の中鶏肉屋と酒屋だけが儲かっている訳ですよ。











ま、ね。






これで少しでも景気が回復してくれればいいんですけど、そうも簡単にはいかないってもんですよ。







皆がね、お酒とケーキを食らっている時に、私は一人薬を飲んでいる訳です。









しかも鎮痛剤。













えぇ、やりました。









やっちまいました。











もうね、”何でまた”って感じ。






















事件は先週の金曜日、12月19日にさかのぼります。





















ごめん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく
[PR]
by thirty-satan | 2008-12-25 02:02 | アクシデント!

アクシデント!~失われた記憶~

2006年4月25日 火曜日
20時30分頃。


その日、私は人生四度目の記憶を失った。



一度目と二度目は・・・・・・


ま、皆さんがよく経験する「若さ故の過ち」ってヤツ。



三度目は空手を習っていた時に、組手稽古でKOされた時だった。



そして今回の四度目は交通事故によって失われた。




記憶に残っているのは、片側二車線の国道で左の車線の路肩側を車の流れにノリながら走っていると、大きな左T字交差点進入直前に私の前を走っていた車が急に左折し、私はその車を左の車線内で余裕をもって避けたこと。



次の瞬間は画像は無く、真っ暗な状態で強い衝撃と激突音。



そして次の画像では私は道路に転がっているところからだった。。




頭の中では冷静に状況を分析しているのだが身体が動かない。





クエスチョン 1
なんで私は地面に這いつくばっている?




アンサー 1
私の載っていたバイクが転んだ。
つまり事故った。




クエスチョン 2
なぜ事故った?




アンサー 2
さぁ?





誰かが呻き声を上げているのが聞こえ、事故現場に駆け付けたのであろう別の誰かが
「動かないで!動かない方がいいから!」
と叫んでいた。



私は別のバイクと接触事故を起こし、その相手が呻いているのだとその時は思った。
たが次の瞬間その呻き声は私が発しており、
「動かないで!」
と声を掛けられているのは私自身であることが判った。





全身に走る激痛を感じ、私は再び意識を失った。





再び意識を取り戻したのは救急車の中だった。




救急車の中で身体を固定された状態で私は右折してくる対向車とぶつかったことを知らされた。




救急車の中では救急隊員の方に
手足の感覚はあるか?
どこか痛い場所はないか?気持ち悪くはないか?
と何度も聞かれた。
私は終始「お腹が減ったぁ~」と言っていたのを憶えている。
しまいには病院に搬送されている最中に
「コンビニでおにぎり買っちゃダメ?」
と救急隊員に言い、
「タクシーじゃないのでダメです!」
というやり取りが何度か交わされた。



程なく実家からもアパートからも近い救急病院に私は運び込まれた。




しかしこの運び込まれた病院のおかげでこの後苦労させられるとは思ってもいなかった。





       つづく
[PR]
by thirty-satan | 2006-12-22 21:32 | アクシデント!



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧