ま、テキトーにな。

カテゴリ:軟禁生活( 28 )

医師と私

2008年2月14日 木曜日 14:00 都内某診察室




四畳半にも満たないような狭い診察室に私は通された。



私の目の前には卵型の輪郭で髪を後ろに纏め、目鼻立ちのハッキリした女性が座っていた。




診察台には女医のものと思われる黒地にカラフルなビーズが施されたカバンが置いてある。





女医は私の心電図と眼底検査のデーターを見ながら話始めた。



予想していたよりも優しく、耳に響く声だった。











女医「今回健康診断の再検査と言うことで、」








暫く言葉の間が開く。










女医「今までに胸が苦しいとか痛いとか、そんな経験ありますか?」





私「いえ、ありません」





女医「背中も?」





私「いえ、ありません。」





女医「親族の中で心筋梗塞か狭心症になった方はいますか?」





私「いえ、聞いたことないです。」





女医「糖尿病とかも?」





私「糖尿病は一人、叔父がなっっているくらいです。」








暫く間が開く。









女医「前回の心電図と今回の心電図でも心筋梗塞か狭心症の疑いが出てます。」
    





私「二つも?」





女医「えぇ、簡単に説明しますと、心臓に大きな血管が三本あって心臓に酸素や栄養分を送っているんです。
 そのうちの一本がコレステロールで詰まってしまうのが心筋梗塞。
 狭心症は心臓の血管そのものが異常収縮してしまって、血液の流れが制限されてしまうんです。」





私「それってどっちも心臓の血管が血液を供給出来なくなるってことですか?」






女医「えぇ、簡単に言えばそうです。」





私「三本もあれば一本くらい詰まっても大丈夫じゃ・・・・」





女医「そういう問題じゃありません。
    でも取り敢えずは心配は無いと思います。
    誰でも不整脈はありますし、心電図が異常でも他の症状が出ていなければこれが”あなたの心電図”と言うことになります。」





私「そうなんですか?」





女医「でも念のために超音波検査を受けてみてはいかがでしょう?」






私「超音波検査?」





女医「えぇ、超音波で心臓の動きを目視確認して異常なければ私の方としても確信を持って”大丈夫”と言い切れます。」








”確信”と言う言葉に私は少し引っ掛かった。






私「今回の検査では大丈夫と言い切れないってことですか?」





女医「そうですね、今の検査内容でも心配はありませんが”念のため”ということです。
    心電図だけですと不確実な部分というのが多いんですよ。
    この心電図ですとお歳の方なら精密検査をやってもらいます。
    ですがまだお若いですし諸症状も出ていないので一応”大丈夫”と言えるだけです。
    出来れば私が超音波検査で直接心臓の動きを見て異常無ければ確信を持って”大丈夫”と言い切れるんですが。」








そんなやり取りから三度検査を受けることとなった。










2008年2月21日 木曜日 15:10  都内某診察室





私は上半身裸になり診察台に寝かされていた。





テレビなどで観たことのある超音波検査の機械が診察台の横に置いてある。






私「これってよく妊婦さんのお腹に当てて、お腹の中の赤ちゃんを見たりするヤツですよね?」





女医「そうですよ。
    それだけではなく色んな用途に使えますよ。」





胸に心電図用のパッドを数個取り付けられ、いよいよ超音波検査が始まった。






ゼリー状のモノを超音波を発生させ受診するプローブ(探触子)の触れる場所に塗られ、一瞬ヒヤっとした。





女医はプローブを右手で当てながら左手で機械を操作していた。






私「心臓、有ります?」






私はちょっとふざけて聞いてみた。






女医「えぇちゃんとありますよ。」





私「男の子ですか?女の子ですか?」





私はさらに聞いてみると、女医はクスっと笑うと






女医「検査中ですよ。静かにしてください。」



と窘められてしまった。







超音波検査は20~30分ほどで終わり、服を着終わると女医が今回の検査結果を説明してくれた。







女医「まずは、確信を持って大丈夫と言い切っていいと思います。」




安堵感が診察室を包んだ。





女医「今後も健康診断で心電図に異常と言われてもスルーしていいと思います。
    ただ心電図は常に同じという訳ではないので気になったらいつでも診察を受けに来てください。」





一先ずは安心である。





私は
「ありがとうございました」
とお礼を言い、診察室を出ようとした。





その時女医が





「それと、”元気な男の子”だと思いますよ」





と自分の胸、心臓を指差し、笑いながら伝えてきた。




私も思わず笑ってしまった。











ブログを見てご心配していただいた皆様、スミマセンでした。
ちゃんと検査を受け


大丈夫♪


と太鼓判を押していただきました。





ま、簡単にはくたばったりしませんから、ご心配なく。
m(__)m
[PR]
by thirty-satan | 2008-02-23 12:01 | 軟禁生活

本日再々点検・・・・でした・・・・

あ、どもども。
一部の方々を心配させてしまっているみたいな、JINNです。










まだ生きてますよ。











で、














ちゃんとシャバにいますよぉ~。

















で、












まだ会社にいます。










もう帰るけどね。









で、先週の木曜は健康診断の再点検(略:再検査)だったのですが、実は本日再々点検(略:再々検査)を受けてきました。







いやぁ~再点検どころか再々点検になってしまうなんて・・・・・・・
















ま、人間35年もやっていればどこかしらガタがでるってもんですよ、うん。















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(遠い目)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













残った人生精一杯活きて見せますってもんですよ!














ぜってぇ負けない!












さて、吉牛喰って帰ろうっと。
[PR]
by thirty-satan | 2008-02-21 21:03 | 軟禁生活

再点検(略: 再検査)

ども、JINNです。







只今定期点検(略:健康診断)で再点検(略:再検査)になったので、ジャブロー(略:会社)の近くにあるアナハイム・エレクトロニクス社(略:健康保険組合)指定の整備工場(略:指定病院)の受付にて待機中。



1300時から午後の受付開始なんだけど、広い受付ロビーには私だけ。





えっと・・・・・・







ちょっといろんな意味で不安・・・・・・
[PR]
by thirty-satan | 2008-02-14 12:56 | 軟禁生活

最後の検診、最初の検査

2008年2月7日木曜日0925時、
都内某所、北緯35度41分57秒,東経139度44分39秒
一階整形外科第一診察室にて、
















左膝完治宣告!!






いや~長かった。
あの悪夢出来事から一年、長かったぁ・・・・・・




完治宣告もでたので運動も解禁♪
主治医からは「ドンドン運動して」って言われました♪




ふふふふっ・・・・・・・







再び地球征服目指します♪
















ども、JINNです。









2007年11月1日定期点検(略:健康診断)を受けました。





ま、毎年ね各項目オールAでクリアーしてきた訳で、今回も余裕で受診してきたってもんなんですよ。



・オイル点検(略:血液検査)
・油圧点検(略:血圧測定)
・廃油点検(略:尿検査)
・モノアイ点検(略:視力検査)
・集音装置点検(略:聴力検査)
・X線点検(略:X線検査)
・その他





で、結果は例年通りオールAでクリアー♪




いつもの項目は。




でね、気になったのが今回から新しく項目に加わった項目があったのですよ。





ひっそりと。





で、その項目はになっていたんですよ。









ひっそりと。









そして後日私宛てではなく我が部隊最高司令官宛て(略:社長宛)で封筒が届きました。



まるで私が逃亡するのを防ぐかのように・・・・・・・





そして最高司令官(略:社長)から”ある場所”に連絡を取るように命令されました。










※お知らせ
以下専門用語が頻繁に使われ分かりにくい場面が多くなると思いますので、略分を併用して話を進めます。








電話をかける私。






”ガチャ”と連絡先の担当官が電話を取る。






担当官「はい、アナハイム・エレクトロニクス社整備部定期点検課です。」

(略:はい、健康保険組合です。)





私「あのT方面463部隊第3整備隊所属のJINNですが、
  送っていただいた再点検の書類の件で連絡したんですけど。」

(略:あのT区Y自動車のJINNですが、
   送っていただいた再検査の書類の件で連絡したんですけど。)





担当官「あ、はいはい、再点検の件ですね。少々お待ちください。」

(略:あ、はいはい、再検査の件ですね。ちょっと待ってくださいね。)







受話器からカタカタとキーボードを叩く音とパラパラと書類らしきものを捲っている音が聞こえてきました。






担当官「え~、前回の定期点検で核融合炉から異音が出ているようですね。」

(略:え~、前回の健康診断で心電図に不整脈が出ているみたいですね。)





私「異音ですか!?」

(略:不整脈ですか!?)




担当官「そうですね、データーを見ると核融合炉下部から異音が出ているみたいです。
     補助動力部の異常の可能性がありますね。」

(略:そうですね、心電図を見ると心臓下部から不整脈が出ているようですね。
   心筋梗塞の可能性があるかもしれませんね。)





私「それって核燃料が漏れ出すってことですか?」

(略:それってヤバいんですか?)




担当官「いえ、異音がしているだけでまだ危険な状態って訳ではないですよ。
      安心していてください。」

(略:いえ、不整脈は多かれ少なかれ誰でもありますから
 まだ心筋梗塞と決まったわけではないですよ。安心していてください。)




私「そんなもんなんですか?」

(略:不整脈って誰でもあるもんなんですか?)





担当官「はい、ですからそんなに心配なさらなくても大丈夫です。
     ただ今回は初めて異音が検出されたので再点検は受けておいた方がいいと思いますよ。」

(略:はい、ですからそんなに心配しなくても大丈夫です。
   ただ今回は初めての心電図で不整脈が出たので再検査は受けておいた方がいいと思いますよ。)




私「でも去年三回ほどオーバーホールしていて核融合炉も点検しているんですけど、
   異音の件は一度も言われたことがないですよ。」

(略:でも、去年三回ほど全身麻酔の手術をしていて心電図も術前検査で取っているんですけど
   不整脈の件は一度も言われたことはないですよ。)




担当官「え、そうなんですか!?」

(略:え、そうなんですか!?)






私「もしかして定期点検の””って間違いだったんじゃないですか?」

(略:もしかして健康診断の””って”調子がE♪”って意味じゃないですか?)




担当官「そんなことはないと思いますが・・・・」

(略:そんなことありません!)










そんなこんなで再点検(再検査)を2月14日に受けることとなしました。









ま、一難去ってまた一難ってことで。









地球征服の道は遠いなぁ・・・・・・・・
[PR]
by thirty-satan | 2008-02-09 03:29 | 軟禁生活

10月29日 1410時
















無事出所してきました♪









いやぁ~、自由の身になれましたよ、身体も、左膝の皿の骨も。






そして、
同日1420時










会社復帰♪








初めはね、やっぱりちょっと不安だったから事務仕事だけ、って思っていたんだけども担当医からは
「バンバン歩いてください。仕事もOKですから。
 あ、けどまだ抜糸が終ってないから傷口が開かない程度でね。」
とお墨付きをもらっているので事務仕事が終った段階で




現場にも復帰♪









車洗うだけだけどね・・・・・・









ども、JINNです。








人体修復専門工場を出所する時に看護士さんから出所後の注意点や薬などが渡されます。






看護士:
「えっと、出所の手続きは・・・・・別に説明しなくても分かりますよね?」




私:
「はい。」




この看護士さんには去年末から今年の三月初旬までの軟禁生活でずっとお世話になっていたので、事務的な説明は一切カット。






看護士:
「で、主治医からの指示で医薬部の方から痛み止めと胃薬5日分、
 それと座薬が10回分出てます。」




私:
「えっ!?今でも痛み止め飲んでないのに出てるの!?
 座薬なんてなおさら使わないですよ!?」





看護士:
「そうですよねぇ~。
 あ、でも頭痛の時とか身体のどこかが痛い時にも使えますから♪」




私:
「はぁ・・・」






看護士:
「あ、それからこれ!」






私:
「はい?」











f0046325_16126.jpg






9ヶ月間私の左膝のお皿の骨を縛っていたワイヤー(チタン製)。










まさか自分の体内に入っていたワイヤー(チタン製)を記念にもらえるとは・・・・











P.S
励まし(?)のコメントをくださった皆さん。



重ね重ね申しあげますが、私は





人間ですから!





生物と書いてナマモノではなくセイブツですから!!
[PR]
by thirty-satan | 2007-10-30 01:19 | 軟禁生活

術後順調

ども、JINNです。




26日0830時に手術室に入り、たぶん2時間半後(意識が朦朧としていて何時に手術室から出てきたか覚えていないけど予定ではそうなっていた。)に無事病室のベッドに戻ってきました。


意識がしっかりしだしたのは2100時くらいで、尿管が繋がっていなかったので今回は"あの"激痛を体験せずに済みました♪




しかし当初聞いていたよりも左膝を開けられていたのにビックリ!!





また10針くらい縫われてた・・・




今回はそれほど左膝のダメージも少なぐ、松葉杖が必要になるほど歩行に影響ないので回復は早いと思われます。




主治医からは退院後仕事に戻ってもいいと許可も下りているので、抜糸するころには今回の手術前くらいの状態には戻れるかなぁ~





そんな感じで明日の午後に釈放されることになりました。



励まし(?)のコメントをくださった皆さん、ありがとうございました。m(__)m



ちゃんと生身の身体で出所しますよ。


えぇ、生身ですとも。
[PR]
by thirty-satan | 2007-10-28 14:19 | 軟禁生活

おしらせ

10月18日の木曜日。



私は去年末から今年の3月初めまで収容されていた人体修復専門にいました。




そう、いよいよ左膝の皿の骨を縛り付けているワイヤーを取り除く日が近づいてきたのです♪







f0046325_151559.jpg




もうお馴染みとなったこの画像に写るワイヤーとも、もうすぐお別れです。







朝一に人体修復専門工場に入り、採血、採尿、胸部レントゲン撮影、心電図と手術前検査を終え、いよいよ担当医のS家先生と最終打ち合わせ。






S家先生:
「では予定通りに10月の25日に入院、26日手術ということで行きましょう!で、退院はいつ頃がいいですか?一週間後くらい?」




私:
「えっ?術後二日後には退院できるんじゃないんですか?」



以前の説明では局部麻酔で手術する為、術後二日後には退院できると聞いていたので驚いてしまった。




S家先生:
「ん~まぁ今回は大した手術ではないからいつ退院してもいいんですけどね。逆にJINNさんの退院日の希望ってありますか?」




私:
「いつでも退院出来るなら27日の土曜でもいいですか?」




S家先生:

「駄目です!」   ←キッパリ!





私:
「今いつでもいいっていったじゃないですか!」




S家先生:
「手術の翌日は無理ですよ。午後の遅い手術になったら麻酔の影響がよく日まで残るかも知れないし。」




私:
「麻酔って局部麻酔ですよね?」





S家先生:
「いいえ、寝ててください。」







それってまた


全身麻酔ってこと!?





S家先生:
「全身麻酔で寝ていた方が楽でしょ?」








おいおい、予定が変わっちまったよ・・・・・





局部麻酔ならモニターで膝の中の様子を見せてもらえると思っていたのに・・・・・




なんだったらブログネタに自分で撮影も・・・・・・・









計画全てがパァ~!






しかも全身麻酔ってことは・・・・・・・









また尿管入れられるのかよ!!!






んで、










尿管入れるっつ~ことは、最後にゃまた抜き取るってことだよね!?














オ~マイゴッ!















またあの”苦痛”を味わうのかと思うと、今から憂鬱・・・・・・・










ども、JINNです。




そんな訳で今年三度目の人体修復工場に収容されることとなりました。




左膝の最終仕上げ&点検みたいなモンです。



まぁ週明けの10月29日には出所してくるので、今回はそれほど大袈裟な手術ではないんでご心配には及びません。





ただまた24時間の監視下に置かれる為、収容されている間は音信不通となりますのでその辺はご了承ください。





ではでは。
[PR]
by thirty-satan | 2007-10-24 01:41 | 軟禁生活

最終ステージへ。

明日8月31日をもって卒業します。



















リハビリから。










いやぁ~、長かった!




去年6月に病院を転移してから始まったリハビリも明日でいよいよ最終日!





2度の左膝の手術で一時は左足を持ち上げる事はもちろんのこと、真っ直ぐ立つこともままならない状態までなったのに、今では日常生活ではそれ程問題ないくらいにまで回復。







会社や周りの人達の協力のもと、毎日午前中をリハビリに費やしたかいがあるってもんです♪







で、この後いよいよ最後の仕上げに左膝のお皿の骨を留めているワイヤー




f0046325_0552244.jpg



を、取り外す手術をするのですが、今度は局部麻酔、つまり左膝周辺のみの麻酔でやるので長期入院にならずに済むのです。





なんでも一泊二日、うまくいけば日帰りも可能とか。






それが終れば・・・・・・・







ウハウハ♪ですよ♪












ども、JINNです。







靭帯修復専門工場にあるリハビリセンターの窓はマジックミラーのようになっており、室内からは外が見えるのですが外からは室内が見えません。





その窓の外に向かって毎朝9:40ころから15分間、私はエアロバイクを漕いでいます。







その時、外を通る人達は足早に会社や学校に向かって歩いているのですが、中にはミラー状になっているリハビリセンターの窓を使って頭髪を整えたり、服装を整えたりする人がいます。








私の目の前で。







いやぁ~なんていうか、向こうはこっちが見えないからいいのですが、すべて丸見えの私にとって目のやり場に困ると言うか、何と言うか・・・・・







まぁ、面白いんですけどね♪









そんな感じでエアロバイクを漕ぎ続けていると、9:50頃そのリハビリセンターのマジックミラーの窓の前を一人の女性が通ります。





ダークブラウンのロングヘアーに色白の肌。
スラリと伸びた長い足にハイヒール。





ただね、ちょっと不自然なんです・・・・・・・・・・













が・・・・・・








なんていうか、大きさのわりに位置が不自然!?









重力を無視しているというか、自己主張しすぎというか・・・・・・













もしかして最近流行の、







捏造か!?








ま、他人様のモノなんてどうでもいいんですけどね・・・・・・
[PR]
by thirty-satan | 2007-08-31 01:20 | 軟禁生活

現場復帰

このブログ、閲覧した人がどんな検索ワードで検索したか分かるようになっているのですが、毎月変わった検索ワードでたどり着く人がいます。




過去には
「ガンダム ラーメン」
と、どう考えても一緒に検索するはずのない組み合わせだったり、
「JINN ブログ GTI-R」
と、明らかにこのブログを探している組み合わせもあります。




そして今月、明らかにこのブログを閲覧してから検索したと思われる組み合わせが・・・・





「300 隊長 安斎」!?



そりゃね、確かに私はブログに書きましたよ。
映画「300」に出てくる隊長がソラミミニストの安斎さんに似ているって。




けどだからってそれで検索しなくても・・・・・




で、試しにググってみたら、本当に検索できやんの。




しかも上位で。








ども、JINNです。





先週左膝の診察を受けてきました。








で、レントゲンを撮ったんですがその画像がこれ。













f0046325_3403762.jpg






なかなかインパクトがあるので主治医に
「ブログに載せたいから写メ撮っていい?」
って聞いたら、快諾。




分かりにくいかもしれませんが、向かって右側が今年1月に行った手術でワイヤーで縛られた左膝の皿の骨。
かなり突貫作業チック。




真ん中あたりで骨の中に打ち込まれているのは、去年末に行った左膝前十字靭帯の再腱手術で取り付けられたもの。




ちなみに両方ともチタンです。





これを観た時に
「飛行機乗るときに金属探知に引っ掛かるんじゃない?」
と主治医に質問したのですが、あいにくこの程度では引っ掛からないそうです。





ちなみにこれが正面から撮った画像。






f0046325_3491963.jpg





ワイヤーが存在感アピールしまくり。





ワイヤー自体は年内くらいに取り外す予定なのでこの仕様は一時的なもの。
けど、ボルトは入れっぱなしになるそうな。






内部は以上のような感じで、外部はこんな感じ。






f0046325_3573350.jpg





年末の術後の画像ですが、この膝のブレや過度の屈伸を防止する装具(米国製)を取り付けられます。
車でいうロールゲージみたいなもんです。






あ、これは常に脱着可能です。





主治医から
「仕事の現場復帰はOKですよ。転んでもここまで回復していれば左膝をまた骨折することはないですから・・・・あ、足首があるか・・・」







骨折はもういいから・・・・・・
[PR]
by thirty-satan | 2007-06-28 04:08 | 軟禁生活

病室のオカシナ面々 その3

怪我をしたり手術をした後はリハビリが待っている。



治療も大事だがリハビリはもっと大事。
しかも意外と大変。






内容的にはストレッチや簡単な筋トレのような感じなのだが、見た目以上にハード。






私は去年の事故の後リハビリをしていたお陰で、年末の前十字靱帯の再腱手術後の回復は、同じ時期に同じ手術をした人達よりかなり早かった。






順調にいけば三ヵ月後には軽いジョギングくらいは出来る予定だった。







ども、JINNです。




私が左膝のお皿の骨を折って人体修復工場内にあるリハビリセンターに現われた時、年末の同じ時期に同じく前十字靱帯の再腱手術をした人達が勢揃いしていました。





皆がバレーバールくらいに腫れあがった私の左膝を見て初めは冗談だと思っていたらしい。
私が皆を驚かそうと左膝にクッションを入れ、包帯を巻いて松葉杖を付いていると。






そんな悪戯しないっつ~の!








その時の左膝はこんな感じ。










f0046325_0394361.jpg







一応これでも一度膝の中に溜まった血を抜いています。




救急で人体修復専門工場に運び込まれた時、当直のI藤女医(かなりの美人♪)によって左膝内部に溜まった血を抜いてもらったのですが、かなり太めな注射針を刺されたにもかかわらず、内出血で圧迫されている痛みの方が強くて針を刺された痛みをたいして感じなかった。




しかも一度では血が抜け切らず一旦針を抜いたのですが、そのとたん針を刺して開いた穴から
ぴゅぅぅぅぅぅぅぅっ!
と血が弧を描いて漏れ出したのです!





その場にいたI藤女医、看護士、私の3人は大爆笑!




私「先生、漏れてますって!(爆笑)」



I藤女医「わぁ、水芸みたい!(爆笑)」



看護士「ほら先生、笑ってないでガーゼ当ててください!(爆笑)」




笑っている私が乗っかっている診察台の真っ白なシーツが赤く染まっていく。
笑っているI藤女医が笑っている看護士から手渡されたガーゼを血が出て来ている私の左膝の針の穴に当てる。






笑いの止まらない3人。







どことなく、いや、完全に緊張感のない中、私の左膝の応急処置は施された。







そんな緊張感のなかった救急治療の現場とは裏腹に、私の怪我を一番驚いていたのはリハビリで私の担当医であるS田先生だった。





S田先生は事故後ろくな治療を受けられずにキチンと歩くことの出来なかった私の身体を、年末の手術までに軽くジョギング出来るくらいになるまで回復させてくれた上に、精神面でも私を支えてくれていました。





S田先生は手術後病室まで何度も動けない私の様子を見に来てくれて、励ましてくれました。






正直いって、S田先生がいなければ私の左膝はどうなっていたことか・・・・・・






そんなS田先生の最近の悩みは、愛車のロードスターの足回り。
去年ビルシュタインに交換したのにもう不満らしい。








S田先生は白衣を脱ぐと熱い走りの魂を解き放つ。







この人体修復専門工場は、個性的な医師が多い。
[PR]
by thirty-satan | 2007-03-21 02:39 | 軟禁生活



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧