ま、テキトーにな。

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年6月13日CIMAX定例会レポート 





ども、JINNです。





6月13日の日曜日に千葉にあるサバイバルゲームフィールド・CIMAXの定例会に参加してきました。










今回は会社の飲みの席で取引先の方が
「サバイバルゲームをやってみたいんですよ」
と発言したのがキッカケで出撃することとなりました。

















当日は快晴を通り越して真夏日!



梅雨入り目前ということもあり集まったゲーマーの数、151名!







f0046325_1111433.jpg






皆さん、好きですねぇ~♪
















で、
















さっそくゲームスタート!


















午前中は赤チームと黄チームに別れ、1人1ゲーム600発制限というルールでスタート。















2チームに別れたとはいえ、双方70名からのゲーマーがいる訳です。


















f0046325_118649.jpg




新兵である取引先の@T氏を連れてスロースタート。








弾数制限があるにもかかわらずスタート早々に激しい銃撃戦が展開されている中、ノンビリとゲームの様子を説明。
徐々に前線へと進んでいきました。







午前中はフラッグ戦(相手チームの陣地にある旗を落とせば勝ち)で特別変わったルールではないのですが、これだけの人数がいると次から次へと相手が増えてくる訳で。


うかつに塹壕から顔を出すと複数の方角から狙われる状態。






酷い時はフィールド中央のヤグラ付近で真正面で撃ち合っている部隊と迂回してきた部隊が入り乱れて大混戦状態!



四方八方から弾が飛んでくるので、敵も味方も分からない状態に陥ってしまいました。


















そんなゴチャゴチャの午前中のゲームも終わり、1時間のお昼休みの後に午後のゲームへ。


















午後は弾数制限こそありませんでしたが、今度は全体を3チーム(赤・黄・青)に分けて三つ巴の戦いに!














私達がいた黄チームは経験者が多かったらしくお互いが声を掛け合って二方向から迫る相手チームに対抗できていましたが、それでも2チーム同時に相手をするとなるとなかなか攻め込めず、苦しいゲーム展開が続きました。














三つ巴のゲームの後は、CIMAX名物”銀閣立て篭もり戦”。






f0046325_1214192.jpg





3チームのうち1チームが銀閣に立て篭もり、守りきれば勝ち。

2チームは協力し合って銀閣を攻める訳ですが、立て篭もる1チームはフルオート(連射)での発砲が許可されており、攻める2チームは兵力の数でこそ倍ですが発砲はセミオート(単発)のみ。
しかも立て篭もる銀閣はすり鉢状になった地形の一番奥にあり、攻め込んでくる相手チームの斜面を駆け下りてくるのが丸見えなのです。

一見攻め側が数で有利に思えてもこの地形がまたなかなか攻め切れないところもあるのです。











ところが、










第一ゲーム、第二ゲーム共に攻め側が時間ギリギリで銀閣を攻略!
攻め側が連携を取り上手く攻め込むことができたのです。














そして第三ゲーム。





いよいよ私達黄チームが銀閣に立て篭もる側に。






私は銀閣の二階からスナイパー装備のメンバー2名と一緒に丘の上から攻め込む相手に牽制射撃と丘の下で反撃をしている仲間への援護射撃を担当。






新たに装備したELCAN SPECTOR DR  USSOUCOMLIMITEDのおかげで遠距離での狙撃が楽になり、かなりの戦果をあげることがげきました♪






そして、この銀閣立て篭もり第三ゲーム、なんと初の立て篭もりチームが銀閣を守りきり勝利!!










それもそのはず、私達黄チームにはなんと!























f0046325_18414979.jpg



CAW製 M134ミニガン登場!!




もうね、発射音からして普通の電動ガンとは違います。



実銃同様毎分6000発の連射も可能らしいのですが、これまた実銃同様ジャミング(弾詰まり)などのトラブル防止の為に、毎分3000発程度に抑えているそうです。





それでも実銃並なんですけどね。











この後この日最後のゲームで30分耐久三つ巴戦があったのですが、もう最悪!






まず、もう一度フィールドマップを見ていただきたいのですが、







f0046325_19418100.jpg




赤チームは地図右手にある赤フラッグからスタート、青チームは左手前にある青フラッグスタート。


そして私達黄チームはなぜか緑フラッグからスタート。












もうね、ガッツリ挟撃されるポジション。















普通こんな陣地に布陣しないって!













なのに、無情にもゲームスタート!



















30分耐久というだけあってヒットされても自分の陣地に帰ってきてカウンターを押せばゲームに復帰できます。









つまり30分間戦い続けなければならないのです。













もうね、瞬く間に赤、青量チームに包囲されてしまい大苦戦!!












普通ならここで諦めムードになりそうなものなのですが、なんと黄チームは士気が高くお互いが声を掛け合いながら果敢にも反撃!







そしてその中心には、

















f0046325_19292660.jpg





ミニガン!





f0046325_13381711.jpg






彼を中心に皆が援護体制を整え、果敢に反撃!










定例会では殆どが初顔合わせのメンバーになるにもかかわらず今回の黄チームは連携の取れていて、どんなに苦戦していても士気が落ちない素晴らしいチームでした。












30分間戦い切って各チームのカウンターは、赤チームが58、青チームが75、そして黄チームは





137!






ダントツの被害状況でした。













また機会があればこの黄チームのメンバーでゲームをやってみたいと、ちょっと思った定例会でした。
[PR]
by thirty-satan | 2010-06-26 19:47 | さばげ~

モケイパドック&CIMAXコラボゲーム会

f0046325_11485554.jpg





本日はモケイパドック&CIMAXコラボゲーム会に参加してます。







会社の取引先の方の初出陣なので、朝から装備の説明と使い方の説明で一仕事。









しかし、普段からジョギングやジム通いをしている方なので体力的には問題ないので、フィールド内では楽。





唯一の問題は"暑さ"









いゃ〜、この暑さにはまいった・・・
[PR]
by thirty-satan | 2010-06-13 11:48 | さばげ~

的確なサイティングの為の変更





サバイバルゲームにおいて、敵をすばやく策敵、発見し、正確に狙い撃つのは基本です。











そして策敵・発見・狙撃の三つの工程で重要になってくるのが”距離”。

















最近のエアガンは性能も善く有効射程距離は20mを越えているものも多く、「まだ距離があるから大丈夫」と油断していると撃たれることもしばしば。




















そこで、得意とする近距離だけでなく中・長距離でのサイティングが出来るよう、装備をちょっと変更してみました。




















f0046325_2356420.jpg



f0046325_23563631.jpg




まずは現行の状態。

EoTech 551.A65 ホロサイトを装着し、近距離での素早いサイティングを補助してきました。
ですがEoTech 551.A65 ホロサイトは等倍率の為、少し距離のあるターゲットを狙うには不向き。











そこで、










f0046325_025044.jpg



f0046325_03968.jpg



f0046325_032597.jpg



EoTechブースター を装着し、3倍の望遠率を確保することによって中・長距離でのサイティングが楽になりました。



ところが、このブースター、ちょっと問題がありまして。




実は軸がズレていてブースターを通して551ホロサイトを覗くと、ターゲットを狙う為のレクティルの位置が視界の下方になてしまうのです。


まぁ、改善の余地はあるので一先ず状況に合わせて使用するとして、確実にサイティング出来る装備を別で購入。











それが、















f0046325_016556.jpg



f0046325_0162390.jpg



ELCAN SPECTOR DR  USSOUCOMLIMITEDを購入♪


こちらは4倍望遠でレンズが大きめなので見やすいんです♪








f0046325_0193627.jpg



f0046325_0195449.jpg




メインで使っているM4に装着するとこんな感じ。



Trijicon TA01 ACOG スコープ 4×32 もカッコよくっていいのですが、ゲームフィールドに行くと結構見かけるんですよ。



ちょっと人と違ったものの方がいいのと、サバゲー仲間の推薦もありELCAN SPECTOR DR  USSOUCOMLIMITEDに決定!













さっそく試射してみたいと思います。


















f0046325_029915.jpg




手作り感満載のターゲットを作って目線の高さにセッティングします。




f0046325_0302738.jpg
















ターゲットまでの距離は最大15m。





f0046325_0315518.jpg




だいたいこんな感じの距離感です。





あ、ちなみに私の射撃場は会社の工場で夜な夜なコッソリと♪






もちろん調整の出来ていない状態だといきなり15mの距離ではまず当たらないので、5m、10m、15mとサイティング調整しながら徐々に距離をとります。












そんな感じでノーマルマガジン2本分(160発)を試射。


















f0046325_0361291.jpg




距離を取るにつれて私の射撃の悪い癖が現れているのがよく分かります。




実はちょっと銃を少し左に傾ける癖があり、その為にターゲットから離れれば離れるほど着弾ポイントが左にズレています。
出来るだけ意識して直してはいるのですが、自然と出てきてしますのでまだまだトレーニングが足りていない証拠。



しかし、意識して左の傾きを直して射撃している時は中央に着弾しているので今回の散財・・・・・・・いや、投資は成功、大成功でした♪
[PR]
by thirty-satan | 2010-06-09 00:44 | さばげ~

グリーンゾーン



日曜日、午前中に地元の友人の結婚式に出席、午後には前日に名古屋で結婚式をした車仲間の友人がこっちに戻ってきて二次会を開催。


結婚式に出られなかったので午後からは車仲間の友人の二次会へ。




そして夕方、午前中に結婚式を挙げた地元の友人の二次会に参加。












ま、昔ながらの地元仲間が集まってそのまま幸せに全てが終わるはずも無く・・・・・・・・・・・


















1800時を過ぎた頃新郎が撃沈。














続いて、1815時頃、新婦も怪しい状態に。


















収拾のつかない二次会の現場で急遽新郎新婦の救出部隊を編成し、1825時無事新郎新婦を救出。












新居に新郎新婦の親戚一同が集まっているのは確認済みだったので、電話で先に連絡をし浦和美園の新居に新郎新婦を搬送。
先に電話で連絡しておいたおかげで受け入れ態勢は万全。




1850時には役目を終えた救出部隊は解散となりました。



















ま、おかげで自分の自由時間が急に飛び込んできたのですが、突然時間が出来ると人間って何やっていいか戸惑う訳でして・・・・・・



















取り合えず近くにあるイオン浦和美園ショッピングセンターに行ってみました。










イオン浦和美園ショッピングセンターはだいぶ前に出来ていたのですが、なかなか訪れるタイミングも無かったのでいい機会だったわけですが、映画館があるとは知らなかったんですよ♪
















ちょうどそこで気になっていた映画が上映していたので観て行く事にしました。




















観た映画は



















グリーン・ゾーン



















ジェイソン・ボーンシリーズの監督と俳優がまた組むと知って、そりゃ期待しちゃった訳ですよ。



















でもね、意外と政治色の強い社会派の映画でした。





















映画評論家の評価もなかなか良かったのも分かるのですが、どうも個人的には単純に観られるアクション映画が好きなんですよ。



















ま、個人的な感想は後にして、ストーリーはイラク戦争の争点とも言うべき”大量破壊兵器”を巡るお話。











簡単に言ってしまうと、いつもながらの政府の陰謀がそこにある訳です。









本気で観たい方はちょっとイラク戦争について調べてみてからこの映画を観ることをお勧めします。



イラクの歴史的背景も少し調べてみると面白いかも♪







そして何よりこの映画が伝えたかったことが最後に待っています。















映画を観ればすぐに分かると思いますのでここではあえて触れませんが、作中主人公のミラー准尉に協力するイラク人の一言が映画の伝える事全てを、そして戦争後のイラク人たちの願いを表現しています。



















でもね、やぱりもう少しアクションシーンが欲しかった・・・・・・












なんといっても俳優陣の脇を固めているのは実際にイラク戦争に参加した帰還兵で、その動作はリアリティーなんてものではなく本物の動きでマニアにはたまらないシーンなんですよ!












なのにね、少ないんですよアクションシーンが・・・・・・・・・















ま、言うなれば




”社会的メッセージのある映画としてはいい映画かもしれませんが、娯楽映画としてはちょっとね”



といった感じでした。
[PR]
by thirty-satan | 2010-06-08 02:49 | 素晴らしき映画の世界



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧