ま、テキトーにな。

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シューティングトレーニング in SAS-T

ども、JINNです。



2012年6月10日にSAS-Tにてシューティングトレーニングを受講してきました。



f0046325_2405472.jpg



SAS-Tのトレーニングは毎度その場のメンバーのレベルに合わせて内容を変えて行っていただけるので、トレーニングの予約時に「やりたいこと、やっておきたいこと」を伝えておくと基礎から応用まで臨機応変に幅広く学ばせてくれます。



f0046325_2314435.jpg



今回は去年同じくSAS-Tのトレーニングで知り合った英国軍装備の@ガンさん(仮)と、4月にISKYのLEVEL1を一緒に受講した@リョースケ氏が参加。


特に@リョースケ氏はこれが二回目のタクトレなので今回の内容は@リョースケ氏を基準にトレーニングを行ってもらいました。



画像はないのですが、最初はハンドガン(セカンダリー)の持ち方・構え方から教わり、その後シューティングレンジで各種射撃姿勢やリロードなどの復習をやりました。



その後アサルトライフル(プライマリー)の持ち方・構え方を教わり、レンジをフルに使って動きのあるのシューティングトレーニングになりました。




f0046325_2322468.jpg




ターンの説明を受ける@リョースケ氏。
SAS-Tでは左足を軸にしてターンをするのが共通のやり方として教えられます。
バディを組んでの動きの時の大事な約束事の一つです。



セカンダリー同様プライマリーでも各種射撃姿勢やムービングシュート、リロード等を行い、次にバリケードを使ったトレーニングを行いました。




まずは@リョースケ氏と@ガンさん(仮)の2マンセルでバリケードを使ってのシューティングドリル。



f0046325_2402963.jpg




画像ではちょっと分かりづらいのですが、@リョースケ氏の身体はバリケードからはみ出してしまっています。
これだとバリケードの意味が・・・・・




f0046325_2412346.jpg




@ガンさん(仮)はもう数回このバリケードトレーニングはやっているので、露出する部分は最小限になるよう意識しながら行っています。




f0046325_2414249.jpg




右側のマガジンチェンジを行う@リョースケ氏に注目。
ここでも射撃をしていた位置、身体がバリケードからはみ出したままリロードを行ってしまっています。


実はこれ、初心者の方がほとんど行ってしまう行為なのです。


スチールターゲットは反撃してこないのでついつい射撃に夢中になり、バリケードに身を隠すことをスッカリ忘れてしまうのです。





f0046325_242531.jpg




Y教官から改めてバリケードの使い方を教わり、悪かった点を理解し修正します。




f0046325_2422639.jpg




少し分かりづらいのですが左側の@リョースケ氏のバリケードに対しての立ち位置が変わったのがお分かりでしょうか?
バリケードから露出する部分を最小限にするよう意識した位置で射撃をしています。



うっ!?
右側は私なのですが、内股でナヨっとした立ち方でカッチョワル・・・・・(-_-;






f0046325_2425489.jpg




f0046325_2431725.jpg




f0046325_247967.jpg





バリケードトレーニングではお互いに声を掛け合って支援し合いながらバリケードを移動。


動きたい方は「動くぞ!」と声をかけ、支援する側は支援できる状態であれば「動け!」と声をかけます。



そうです。あの有名なマグプルの「ムービング・ムーブ」と一緒です。










実際にこんなに素早く動けるレベルになるには、余程一緒にトレーニングを積まないと出来ませんが(^-^;






今回のトレーニングではただ前進するのではなく後退もしますので、常に弾幕を張っていられるよう支援する方はタイミングよくリロードしないといけません。




3マンセルでも同様に、3人で声を掛け合いながらバリケード間を移動しながら撃ち続けます。





f0046325_2481816.jpg




f0046325_248354.jpg




f0046325_24848100.jpg




f0046325_249377.jpg




f0046325_2492862.jpg





f0046325_2521782.jpg




動く時には、「動くぞ!」

動く人を援護する時は「動け!」

マガジンをチェンジする時は「リロード!」

マガジンチェンジしている人を援護する時は「カバー!」

マガジンをチェンジして再び射撃ができる状態になったら「アップ!」

といった感じにチーム内での意思の疎通が出来るように声をかけることが大事で、他の人に自分が何がしたいか、どのような状態かを知らせるのはチームで動く場面ではとても重要です。








f0046325_2562560.jpg




続いて、CQBの基礎も少し教わりました。

カッティングパイ等の基本的な動きを教わったら、さっそく実戦♪



f0046325_2565068.jpg




階段を登ると通路があるのですが、階段を登りきらない内にドアが1つ見えるので途中から2番手の私がドアをガンロックして警戒し、トップの@リョースケ氏が通路をカッティングパイでクリアしていきます。



この時3人目の@ガンさん(仮)が本来であれば後方を警戒するのですが、今回は「後方警戒は無し」という状況なのでちょっと暇そうな表情をしています♪




f0046325_2573622.jpg




通路をクリアして1つ目の部屋へ。



明らかに二人の突入するタイミングがズレていましたが、何度も繰り返し行うことでほぼ同じタイミングで突入出来るようになって行きます。




f0046325_2581048.jpg




何度かルームクリアリングをやっていると教官のイタズラが始まります♪


本来であれば突入する部屋のドアをイキナリ開けるのではなく、ドア周辺に罠がないかどうか慎重に確認しなければなりません。



ドアが開かずに戸惑っていた@リョースケ氏も罠にハマり、ドアが開かないように縛ってあった紐を解いていますが一瞬の気の緩みで銃口管理が疎かになってます。



トレーニングをする時のちょっと怖い瞬間です(^-^;





100%銃口管理が出来るかといえば、正直出来ないのが本音です。
しかし、エアガンを持つ時は常に銃口管理を意識することで安全にトレーニングが出来るし、万が一の事故等を防ぐことが出来ます。

銃口管理はトレーニングをする時の一番大事な部分でもあるのです。






様々な状況下で、様々な姿勢で、狙って、撃って、当てる。



単純なようで案外難しいものなんです。



これは色んな場面で撃って当てるというサバイバルゲームにも大変役に立つトレーニングで、基本的なトレーニングですが何度受講しても修正箇所が出てくるのもまたこのようなトレーニングの面白さでもあります。






f0046325_258575.jpg




今回のSAS-Tでのトレーニングではサバイバルゲームの定例会に参加した時以上に弾を消費しました。


何度も繰り返し様々な状況下で、様々な姿勢で、狙って、撃って、当てる。


スキルアップやチームでの戦力アップにはオススメのトレーニングです。
[PR]
by thirty-satan | 2012-08-24 03:00 | タクティカルトレーニング

SDT-WORKS主催 千葉トレーニング





ども、JINNです。










4月22日に千葉県にある千葉北フィールド(CKF)にて開催された、SDT-WORKS主催千葉トレーニングを受講してきました。



今回は2日間続けての開催だったのですが初日は出勤日だったため、二日目のトレーニングのみ受講。




トレーニングの主な内容は以下の通り。

21日
・安全管理規則の徹底
・射撃の5原則
・ゼロイン

・各種射撃姿勢
 ・ストレートダウン
 ・スタンディング
 ・ニーリング
 ・ダブルニー
 ・プローン
 ・TACプローン
 ・スパイン
 ・サーチ&カバー

・姿勢変換ドリル1・2

・弾倉交換ドリル
・方向転換射撃(ターン&シュート)
・移動間射撃(シューティングオンムーブ)
・バリケードシュート


22日
・Dドリル
・変則シューティングオンムーブ
・トランジッション&マグチェンジドリル
・ローリングシュートドリル

・ペアカバーリングドリル
・ペアムービングドリル
・フレア フォーメーション シューティング
・シチュエーション シューティング ドリル
・想定訓練




初日は基礎、二日目が応用といった感じの内容です。


二日目当日。


参加者は私を含めて8名。
その内6名は別のトレーニングで一緒になったことのある知り合いばかり(^-^;




f0046325_16541274.jpg




しかもマニアの中では有名な方々も・・・・・



f0046325_1655751.jpg





そんな感じですでに基礎が出来ているメンバーが揃っていたので特別基本の復習等もなく、最初からアドバンスクラスらしく動きのあるトレーニングが開始されました。







まずは変則シューティングオンムーブ。




f0046325_1655960.jpg




まずはターゲットに背を向けて立ちスタンバイ。




f0046325_16555617.jpg




f0046325_16561450.jpg




スタートの合図で180度ターンし、ターゲットに2タップ。
この時撃つ前に必ずターゲットをしっかり視認することを心がけます。
でないと撃ってはいけないターゲットの場合もあります。

今回はそんなことありませんでしたが(^-^;



f0046325_16564341.jpg



最初のターゲットを撃ったらすぐに二つ目のターゲットに移動、接近し2タップ。


この時は止まって撃つのではなく動きながら撃つ為、上半身を安定させた移動を心がけます。



f0046325_1657914.jpg




f0046325_16572660.jpg




二つ目のターゲットを撃ったら止まらずにそのまま三つ目へ。

三つ目のターゲットを撃ったらサーチ&カバーで終了。







ちなみに、




f0046325_1723140.jpg




私は移動の時にコンバットレディの状態で移動していました。
これはすぐにターゲットをサイティング出来る利点はあるのですが、銃を構えていることと足元の確認がしずらい為、移動速度が少し遅くなります。
またトンネルビジョンにもなりやすいので要注意です。






f0046325_1731832.jpg




それに対して今回トレーニングに参加されていた@いっちー@HCLI氏はローレディで移動。
これだと視界が確保され、足元もしっかりと確認できるので速く移動できます。

それと画像を見ていただけると分かるのですが銃口管理やトリガーセイフティの安全管理がシッカリ出来ているのが分かります。
特にローレディでの移動では銃口管理がしっかり出来ていないと自分の足に銃口を向けてしまう場合があるので注意が必要なのです。


どちらの移動方法が”善い”というのではなく、状況に応じて使い分けることも重要なのです。







続いてペアカバーリングドリル。



2マンセルになりシューティングオンムーブを行います。
ここではターゲットを撃った後、前のバディの合図で後ろに付いているバディと入れ替わる動作が入ります。





f0046325_174207.jpg




バディの@まいど教官の合図で前にいる@まいど教官がターンを開始、後ろに付いていた私が前に出ます。




f0046325_1745614.jpg




f0046325_1752089.jpg




f0046325_1753992.jpg



すぐに射撃体勢に入り、次のターゲットに2タップ。

スムーズな移動と前後の入れ替わりが思った以上に難しく、さらに銃口管理等の安全管理が重要になります。
特に前後が入れ替わった直後が難しく、スムーズに入れ替わるのには二人の息が合わないと動きがぎこちなくなってしまいます。







次にフレアーフォーメーションシューティング。


同じく二人一組の2マンセルとなり複数の標的に対応するための動きを学びます。






f0046325_179323.jpg





2マンセルでスタックを組んだ状態からスタート。




f0046325_1793620.jpg





前方を警戒しながら前進。




f0046325_17102163.jpg




f0046325_17103834.jpg




f0046325_171114.jpg




接敵と同時に前衛が「フレアー!」と叫び、同時に後衛が他の標的に向かって射撃を開始。
前衛と後衛がそれぞれ別の標的に対して射撃を行いながら前進していきます。






f0046325_17113430.jpg




f0046325_17115554.jpg




f0046325_17121685.jpg



f0046325_17123255.jpg




こちらは@アンダーソン氏と@いっちー@HCLI氏のフレアーフォーメーション。
流れるように展開し、一気に制圧していきます。







この後4マンセルで同じくフレアーフォーメーションを行い、人数が増えることにより同じフレアーフォーメーションでも数パターン行いました。




まずは2マンセルと同じフレアーフォーメーション。




f0046325_17132599.jpg




f0046325_1713481.jpg




f0046325_17141115.jpg




f0046325_17154692.jpg






またポジションを変えて行うことにより、一番手、二番手、三番手、四番手それぞれの動きを学びます。



f0046325_174547.jpg




f0046325_17445847.jpg




f0046325_17453698.jpg




f0046325_17455153.jpg









次に2マンセルごとに動くフォーメーション。





f0046325_17275714.jpg





f0046325_17345055.jpg



トップの@アンダーソン氏が「コンタクト!」と叫ぶと同時にバディの@いっちー@HCLI氏が横に並びラインを作り制圧射撃を開始、後方の@あふりか氏と@みやじま嬢が横に展開し同じく射撃を開始しながら前進します。





f0046325_1735027.jpg




f0046325_17352974.jpg





ある程度前進したところで止まり@あふりか氏と@みやじま嬢で制圧射撃をしている間に、@アンダーソン、@いっちー@HCLI氏組が射撃を加えながら一気に前進してきます。




f0046325_17391740.jpg











次に2マンセルでの退避行動。
不意の遭遇戦等で前進できない場合、一旦下がるのも重要です。



f0046325_17162526.jpg





コンタクトと同時に前衛が制圧射撃を加えつつ後衛に対して後退を指示、後衛は前衛をカバー出来る距離まで下がり射撃が出来る体制なら射撃を開始し、今度は後衛が前衛に動くよう指示します。
この時前衛の味方と射線が被るなら発砲できる体制になり次第銃口の向きに注意しながら前衛に動くように指示をだし、射線がクリアになったら射撃を始めます。



f0046325_17165995.jpg



下がる場合、味方の射線に被らないように動くことも重要で、状況によっては後退しながらマガジンチェンジを行い次の支援射撃に備えます。




f0046325_1717313.jpg



速やかに後退するには味方のカバー、下がる距離等のポジション取りが難しく、前進するよりも味方との意思の疎通が重要になってきます。







続いてシチュエーション シューティング ドリル。




2マンセル2組で4マンセルのユニットになり、様々な状況での動きを学びます。







まずはステルスで目標地点に接近します。


 


f0046325_17473810.jpg




f0046325_17485994.jpg




f0046325_17495192.jpg







4マンセルになるとバディのカバーだけでなく、もう1組のカバーもしなければならないので注意点が多くなります。




f0046325_17495445.jpg





目標地点に接近し4人でラインを作り面で一気に制圧します。






ステルスの次はダイナミクスで動きます。






f0046325_17514621.jpg




f0046325_17521140.jpg




f0046325_17523685.jpg





ダイナミクスはステルスとは反対にスピーディーに攻め込みます。






そしていよいよ想定訓練に入ります。




f0046325_17571889.jpg





@まいど教官がフィールドマップで状況説明を開始します。




f0046325_1758326.jpg




状況を考慮して4名1チームで動くことを支持され、想定訓練開始まで各チームでの打ち合わせが始まります。




f0046325_1758182.jpg




想定訓練直前まで標的の潜んでいそうな場所等を予測し、目的地のルートやフォーメーションの順番等を打ち合わせます。



想定訓練は状況を変えて複数行い、今回はフィールドの特徴から

・ターゲットの捜索
・スムーズにクリアリングできるルート選択

が重要で、特にルート選択は難しいものがありました。






f0046325_1810275.jpg




f0046325_18101461.jpg




f0046325_18104762.jpg





f0046325_1818091.jpg





f0046325_18122127.jpg






今回は建物や障害物が多い場所でバディやユニットで動くことの難しさを痛感するトレーニングでした。
特にルームクリアリングでは夢中になり単独で行動してしまったり、ルームエントリーの基本を忘れたが為に被弾したりと反省点の多いものとなりました。




















おまけ



休憩時間にホルスタードローの練習をしていると・・・・・・・






f0046325_18205699.jpg





アンダーソン氏「抜いた後がブレとるんじゃ!ゴルァ!!しっかり狙って撃たんかい!!」



私「す、すみません、すみません!!(T^T)」



アンダーソン氏「泣いとらんでとっととやらんかい!ドアフォ!!しっかり出来るようにならんと夕飯抜きじゃ!!」



私「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ!!(>_<。)」






@アンダーソン氏はタクトレになると鬼教官になります゜・(ノд`)・゜・
[PR]
by thirty-satan | 2012-08-11 18:48 | タクティカルトレーニング

モケイパドック×SAGAMIMACコラボ企画 ISKYタクティカルトレーニングPV



ども、JINNです。



タクティカルトレーニングでお世話になっているISKYの新作PVが出来たそうです。















発砲時のマズルフラッシュや俳莢などがCGで再現されており、なかなか凝った作品でカッコイイっす♪



でも確か今回は基礎トレーニングのLEVEL1での撮影だったはずだけど、途中からSUTの内容になってる!?
[PR]
by thirty-satan | 2012-08-08 00:17 | タクティカルトレーニング



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧