ま、テキトーにな。

Small Unit Tactics

ども、JINNです。




ちょっと前のネタですが、2011年4月9日~10日に千葉の君津市にあるサバイバルゲームフィールド”VISION”で行われたISKY主催スモールユニットタクティクスに参加してきました。



これは同じく千葉にあるモケイパドックで定期的に行われているタクティカルトレーニングのベーシッククラスを受講、銃の安全管理、カービン・ハンドガンの基礎知識を学びステップアップテストを合格した方のみが参加できるトレーニングで、今回は小部隊での夜戦の基礎知識を学び、実践します。










トレーニング当日。





0630時、小雨の振る中自宅を出発するも僅か15分で警察官に呼び止められ親睦を深めることに・・・・・











そんなハプニングもありつつ人生初のアクアラインを通って0830時、無事VISIONに到着。
さっそく受講する準備に取り掛かります。






f0046325_982914.jpg




f0046325_99297.jpg




今回の参加メンバーは8名。





f0046325_910944.jpg




今回はISKY特別講師としていろいろ教えていただいた田村装備開発の@けぢ教官。
その講義は丁寧で分かりやすく、大変参考になるものばかりでした。








f0046325_911558.jpg





まずは雰囲気を盛り上げるため、受講者全員がフェイスペイントを施します。
二人でお互いに施せば自分で見えない部分もペイントできます。
偽装ペイントは単純に顔だけでなく首から耳の中、耳の後ろはもちろん露出している皮膚は全てペイントします。


ちなみに、画像左は”タクトレ界の種馬”@タッキーSGT氏、右は”タクティカルな山男”@二番煎じ氏。
彼らとは去年の4月にIBF8にて一緒にトレーニングを受講した、頼もしい二人組み。



この二人ね、とぉ~っても仲が良いんですよ♪





ちなみに、





f0046325_9124213.jpg




私はこんな感じに。



これを面白がって友人何名かにメールしたところ、

”怖ぇ~よ!”
”子供が驚いて泣いたぞ!どうすんだ!この野郎!!”

と、お怒りの返信が・・・・・・・






もうね、ヘコみますよ・・・・・・orz







フェイスペイントが完了するとまずは座学から。





f0046325_9153699.jpg




言われた座標をコンパスと定規を使い地図を読んでいる様子。





正直言いまして、かなり昔教わったことがあるのですが・・・・・スッカリ忘れてました・・・・・







f0046325_9161583.jpg




脱落防止では連結部、無線コード等をテープやタイラップ等でシッカリと保持します。
その際光を反射するものもテープで隠し、端末処理も施しておきます。




他にもユニットのフォーメーションの組み方やハンドシグナル、作戦実行までの準備等々を座学にて学びます。







その後フィールドにて実地で各種陣形を学び、警戒、偵察、各種地形通過要領を実際にやってみます。







f0046325_9172432.jpg




地図を読み指定されたポイント、エリアの地形を地面に再現する為に砂盤を製作します。
そして再現した砂盤を使って目標ポイント襲撃の作戦を立てます。






f0046325_9183636.jpg




途中小道などの通りがあった場合どのように横断するかを教わり、その後実際にやってみます。





f0046325_9191178.jpg




周辺を警戒しつつ一列縦隊にて前進。





f0046325_9194497.jpg




小道を発見したので後方にハンドシグナルで伝え、警戒態勢に入ります。


この後小道を横断するのですが・・・・・








その方法は受講者のみの特権ということで割愛♪









f0046325_9203128.jpg




次に襲撃の方法を学びます。



襲撃はA分隊、B分隊と2チームに別れ、A分隊が襲撃突入、B分隊が援護射撃を行います。






f0046325_921935.jpg




A分隊の合図でB分隊が援護射撃を開始!
A分隊は目標ポイントに向かって前進、目標地点の建物を襲撃突入、建物内および周辺を制圧します。






そしてSUTの基礎を一通り学び、日も沈み辺りが暗くなり始めた頃、いよいよメインとなる想定訓練となります。








f0046325_9214110.jpg




今回は通常装備の他に地図たコンパスはもちろん、食料や飲料水、防寒具、メディカルセット等を携帯するためにそれぞれが3DAYバックパックを背負います。
それだけでも結構な重さになるのに中にはリアルさを求め、タクティカルギアに実際の重さのダミー防弾プレートを装備し20~30Kg以上の重さにしている参加者も。








準備をしながら想定訓練の内容が徐々に伝えられていきます。



まずは今回の想定訓練の状況説明。





◆状況◆
先の作戦により『HAYABUSA』のブラックボックス回収は成功した、だが作戦時、極秘潜入していた某国の諜報部員により○○諸島での我国の関与の物的証拠の情報を取得されてしまった!
ただ某国の諜報部員は某国の財政難を原因とし、我国に対して情報の売買を持ちかけてきた!

我国の政府としては一度売買は承認したが・・・
さらに諜報部員は、本人並びに母国にいる家族の我国への亡命を提示した!

~中略~

結果、我国の政府は諜報部員の申し出を全て拒否。

~中略~

一連の状況により政府は部隊に某国諜報部員の排除ならびに情報の回収を命じた!










ここから作戦(想定訓練)が本格的に始まります。




◆敵の状況◆
敵、諜報部員は某国の離島に滞在。 なお一部の警備部隊がいる事を確認。


◆我の状況◆
某国は、国内での我国の限定的軍事行動を容認。
その為、我国の政府10~20名程度の部隊を派遣を決定。


◆命令◆
MPTTC STANDARD TEAMは某国離島へ空路潜入し、
諜報部員を排除し情報を確保、事後空路により離脱せよ。






簡単に言ってしまえば、
”自国を強請ってきたヤツを仕留めて盗まれた情報を奪い返して来い!”
といった感じ。



この内容だけでは簡単に思えるのですが、実際に想定訓練が始まると・・・・・・・













f0046325_9223168.jpg






1m先も見えないような暗闇の中、道があるのかないのか分からないような場所を目標地点を探しながらの厳しい行軍が・・・・・・











暗闇の中、慣れない座標指示と未知の土地で現在地をロストしたり、地図にあった途中経由するはずの小道が生い茂った藪で無くなっているというハプニングもあり、予定よりかなり作戦行動が遅れながらもなんとか襲撃ポイントに到着。










目標襲撃後、敵の反撃を受けてのブレイクコンタクトでは暗闇で一瞬方向感覚を失い、かなり混乱しました。


襲撃ポイント離脱後、ヘリのピックアップポイント(LZ)まで部隊の最後尾を担当していたのですが、いつ後方から敵の追撃がくるのか警戒しながら暗い山道を進むのはかなり大変でした。












大休止では2名が歩哨に立ち周辺を警戒し、6名が休憩、食事、睡眠を30分交代で取ります。
自分が休憩しているときは時間が経つのを早く感じますが、歩哨の番になると時間の経過が遅く感じるもの。


おまけに周辺は真っ暗なので警戒しようにも何も見えず、集中力を維持するのがなかなか難しい。
私はB分隊の3番目の歩哨だったのですが、4番目の歩哨と替わった後も一緒に周辺警戒をしながら暗闇であまり顔の見えない(つまり誰だったか分からない)A分隊の歩哨に声を掛けたりしていまた。





最後のLZ(ランディングゾーン)での敵追撃部隊とのコンタクトでは、かなり怒鳴ってます、私♪



このトレーニング後一週間声が枯れていたのは、これが原因。



それに分隊行動しなければならないのに勝手に一人で前進したりとかなりの暴走気味・・・・



今回のようなスモールユニットタクティクスでは個人プレーは禁物!




もっと自分をコントロール出来るようにならないと分隊どころか、部隊自体を危険に曝してしまう恐れも出てきます。








全体を通しても反省点が沢山あり、今後の課題も山積みでした。










想定訓練終了後、






f0046325_932307.jpg




f0046325_933117.jpg




f0046325_9334045.jpg




f0046325_93482.jpg







”終わったぁ~!!”という達成感と安堵で皆の顔が一斉に笑顔変わりました。















最後に21時間の間一緒に学び戦った仲間達と、そしてお世話になった教官の皆さんと集合写真。












f0046325_9344881.jpg






お疲れ様でした。


そして、ありがとうございました。
[PR]
by thirty-satan | 2011-05-29 10:07 | タクティカルトレーニング
<< 忘れてた・・・・・ 日産パルサーオーナーオフ会 >>



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧