ま、テキトーにな。

カテゴリ:その時、私は・・・・( 9 )

2010年3月20日(土)の出来事







2010年3月20日 土曜日 20:35


私は浅草に向かって上野五丁目12番地の裏路地を歩いていました。






すると「ウオーッ!ウオーッ!」と叫び声が聞こえたので、酔っぱらいが叫んでいるな、とその程度にしか考えませんでした。





まぁ、卒業シーズンですからね。
多少のハメは外しても・・・・・
そんな軽い気持ちで。





すると右手の路地から男が1人全力で走ってきて私の進行方向へと曲がって行き、その後を野球帽を被った男が追い掛けて行きました。






酔っぱらった学生がふざけて鬼ごっこか、とその程度に考えていると同じく右手の路地からグレーのジャケットを着た白髪頭の初老の男性が
「泥棒!泥棒!」
と叫びながら前を走っていく男達を指差し走ってきました。







先ほどから聞こえていた叫び声はこの初老の男性の「泥棒!」という叫び声だったのです。







丁度その時、先を走っていった男が左手の細い路地に入っていくのが見えたので私も同時に手前の路地を左手に全力で走り始めました。








進行方向にはJRの高架線があり男が入っていった路地だと突き当たるので上手く行けば先回り出来ると思ったのですが、頭の中は妙に冷静で、
「左膝にサポーターも付けずに走って転んだらまた病院送りだろうなぁ」
と別のことを考えてました。













JRの高架線の所まで来て右手に曲がるとまだ男は細い路地から出てきてはいなかったので、私は細い路地に向かって走っていき、細い路地の入口で一旦止まってから様子を窺いながらその中へと入っていきました。




細い路地に入っていくと薄暗くて街灯で明るい場所を走ってきた私の眼が暗がりに馴れるのに暫くかかりましたが、右手にメタリックブルーのプジョー307が停まっており、その奥にリラクゼーションマッサージの電光看板がありました。

















その車と看板の間に転がっている黒い塊。














ハァハァと聞こえる荒い息使い。
















先ほど前を走っていった男の上に野球帽の男が袈裟固めのような感じで乗っかっていました。
しかし、押さえつけられている男の両手はまだ自由が利く状態で危険だったので
「危険なものを持っている場合があるので気を付けてください。」
と野球帽の男の人に声を掛けながら近付き、彼の死角にある押さえられている男の右腕を押さえる為に私は抑えられている男の右肩の付け根に右膝を押し付け、脛部で腕を押さえつけました。






「大丈夫ですか?」
と野球帽の男の人に声を掛けると、
「ハァハァ・・・・だ、だいじょ・・・・大丈夫です・・・ハァハァ」
とまだ息が上がった状態でした。





ほぼ同時に先ほど「泥棒!」と叫んでいた初老の男の人もやってきて、こちらは野球帽の男の人以上に息を切らして今にも倒れそうなぐらい大きく喘いでいました。








この初老の老人が被害者なのは確かなので
「大丈夫ですか?110番通報できますか?」
と聞くと
「ハァハァハァハァ」
と懸命に呼吸をするのが精一杯のようだったので
「私が通報しましょうか?」
と改めて聞くと
「ハァハァハァハァ・・・・お、お願い・・・ハァハァハァ・・・・しま・・す・・ハァハァハァハァ」
と息も絶え絶え。








私は携帯を取り出して”110”を始めてかけました。






一回の呼び出し音が終る間もなく
「110番です。どうしましたか?」
と優しそうな男性の声が聞こえ、妙な安心感を与えてくれました。
私が泥棒を確保していることを伝え、現在地の住所、現場付近の建物等を伝えていると、早くも一人目の警察官が騒ぎを聞きつけて自転車で現れました。
そしてあっという間に自転車警ら中の警察官が5名現れ、続いてパトカーが2台到着し、総勢9名の警察官が狭い路地に詰め掛けました。






私は通報先の方に警察官が来たことを伝えると
「では現場の詳細を警察官にお知らせください。」
と言われたので承諾し、携帯電話を切りました。






その後、現場に駆けつけた警察官に私が遭遇した状況を説明し、名前、住所、携帯番号、生年月日と聞かれたことに応え帰宅しようとすると
「あ、ちょっと上野警察署までご同行お願いできますか?」
とメガネをかけた、いかにも真面目そうな警察官に言われました。







私は
「いや、犯人を捕まえたのは野球帽の人だし、私は通報しただけで特別なにもしていませんよ。」
と言うと、
「いえ、犯人確保をした方だけでなく目撃者と通報者の調書も書かないと犯人を起訴することが出来ないんです。」
と困り顔。













また調書か・・・・・














仕方なく犯人確保者の野球帽の男性と一緒にパトカーの後部座席に納まり上の警察署へ。








途中、野球帽の男性と会話し、札幌在住の方で出張で東京に来ており、仕事を終えて宿泊先のホテルに戻るところでひったくり現場に遭遇したと事件に遭遇したきっかけを聞きました。



面白いことに仕事はラーメン屋さんで札幌郊外にある”M”という店の店員をしているとのこと。




ラーメン店の店員とラーメン好きの私。





短い道中ラーメン談議で盛り上がりました♪







警察署に到着すると二階にある刑事課へ案内され、犯人、被害者、確保者、目撃者とそれぞれ別々の取調室へと案内されました。












警察署の調書では目撃者(今回は通報者も兼務)の私の場合、まず始めに

・名前
・住所
・生年月日
・電話番号
・勤務先
・勤務先住所
・勤務先電話番号

を聞かれます。







次に目撃者(今回は通報者も兼務)の私が遭遇した現場と私が取った行動を説明します。


そこから細かい事に質問が変わり、
・目撃者が最初に事件に遭遇した場所
・その状況をどう感じたか
・そしてどう考え、行動したか
・犯人の特徴は?
・追跡者の特徴は?
・被害者の特徴は?
と聞かれます。



特に人の特徴では
・身長はどれくらいに感じたか
・服装は?
・年齢は?
と聞かれます。


そして最後に確保された男性が間違いなく犯人か確認をさせられ、
「間違いありません」
と証言しなければならないのです。
















実はこの時が事件に遭遇して一番言葉を失う瞬間でした。














刑事ドラマみたいに犯人のいる取調室の隣からマジックミラー越しに犯人の顔を確認するのですが、現場での暗がりの中では髪型や服装から始め学生くらいにしか思っていなかったのに、取調室にいる犯人は恐らく私と同じくらいか若く見えました。












ただ、やや頬がこけうっすらとした無精ひげに顔色は悪くうな垂れた様子は彼の追い詰められた感じがヒシヒシとマジックミラー越しに伝わってきました。














調書は最後にプリントされ、再度間違いがないか確認させられて間違いがなければ日付と著名をし、拇印を押して完成します。












でもね、









この調書を作るのが直接目の前で証言を聞きながらラップトップに打ち込んでいくので時間がかかるんです。







今回はだいたい1時間半くらいだったと思います。




その合間合間に雑談も入ったり、確認事項を取ったりするので時間がかかるんです。





オマケに事件はこの一件だけではないので私の調書の番になるまで待ち時間1時間。




調書を作成した後に、被害者、確保者との調書との照合確認もあるのでさらに待ち時間1時間。






もうね、警察署のお茶(正直言って×)を何杯飲まされたことか・・・・・・














ただ、今回始めて知ったのですが目撃者などの参考人・協力者の方に実は




日当





が出るんですよ。






しかも今回は日付を跨いだので二日分






違った意味でビックリ!











ま、調書作成に協力して上野警察署を出たのが夜中の1時ですからタクシー代くらい出るだろうと思っていたのでそのあたりを考慮しての日当なんでしょうけども。


















誰も怪我する事無く無事に事件は解決したのですが、私にとってちょっと複雑な思いも残る1件でもありました。















最後に、心配してくれた皆さん。














大丈夫です。
今回は悪いことしてません。


怪我もしてません。






ご心配掛けてスミマセンでしたm(__)m
[PR]
by thirty-satan | 2010-03-22 01:27 | その時、私は・・・・

上野警察署内

f0046325_21193836.jpg




2030分頃、御徒町の辺りでひったくりの確保現場に遭遇。






目撃者及び通報者として上野警察署にて事情聴取中。
[PR]
by thirty-satan | 2010-03-20 21:19 | その時、私は・・・・

北緯35度41分59秒、東経139度46分17秒





ども、JINNです。


















一年前、北緯35度41分59秒、東経139度46分17秒にて







犠牲になった7名のご冥福をお祈りします。








そして、









この時負傷した10名に、少しでも早く平穏な日々が訪れますよう願っています。
[PR]
by thirty-satan | 2009-06-10 02:27 | その時、私は・・・・

交差点で事故!

f0046325_12463397.jpg

会社のすぐ近くの交差点でタクシーと自転車の出会い頭の事故がありました。





急ブレーキの音を聞き、現場の交差点を見るとタクシーの前方1.5メートル程前方に倒れた自転車と左の腰の辺りを押さえた若い男性が踞っていました。





自転車の男性は動揺していて、タクシーの運転手さんが
「救急車呼ぶから」
という言葉に
「いや、急いでいるので・・・」
と明らかに怯えている様子。

まぁタクシーが優先側で、自転車の方は一時停止のはずが安全確認せずにそのねまま飛び出す形になったみたい。



取り合えず
「大丈夫?頭は打ってない?腰以外に痛い場所はある?」
と話しかけ、救急車で病院で診てもらうよう説得。



タクシーの運転手さんもすぐに救急車の手配と警察に事故を届けて、一時間程で現場はいつもと変わらぬ風景に戻りました。





この交差点よく事故があるのですが、だいたいはちょっと注意を怠らなければ防げるような事故ばかり。





改めて安全確認の大切さを思い知らされた出来事でした。
[PR]
by thirty-satan | 2008-08-01 12:46 | その時、私は・・・・

火事!

f0046325_2233321.jpg

f0046325_22333311.jpg

22時頃、足立区で火事に遭遇。




はじめは消防車だらけでどこが火事なのか分からなかったが、信号待ちでいきなり真横が火事現場でした。





住人の方は無事の様子。








ビックリ・・・・・・










最近こんな現場に出くわすことが多いような気がする・・・・・・
[PR]
by thirty-satan | 2008-07-26 22:33 | その時、私は・・・・

もしも・・・・・

今日仕事帰りに秋葉原に寄って来ました。
















献花をしに。
















まぁ、会社帰りなもんで花屋さんも閉まってしまった後なので、花ではなくジュースを買って献花台に供えてきました。













事件現場に設置された献花台にはすでに沢山の献花と飲み物が。










そして沢山の人達が足を止めて、献花台に手を合わせていました。










中には喪服姿で手を合わせる人も。















事件後、ある人に「あの場に居合わせたら、JINNはどうした?」と聞かれました。











もしあの日、あの時、あの場に居合わせたら。
















実際、あの日タイヤ交換をする前に秋葉原に行こうとしていたんです。















もし、車のタイヤ交換をする前に秋葉原に行っていたら・・・・・・・・














応えに詰まってしまった。











「一目散に逃げるよ。誰よりも早くね。」
と応えるのにちょっと間が空いてしまった。








「お前、違うこと考えたろ?」
と笑いながらすかさず言われてしまい、ドキッとしてしまった。













確かに違うことを考えていました。



















もしあの日、あの時、あの場に居合わせたら。















もしも・・・・・・・















どうしていたろう・・・・・・・

















「あの場に居合わせたら、お前どうした?」










その質問がなかなか頭から離れません。



















ただ一つ分かっていることは、今回の事件で傷ついた人が沢山いると言うこと。














改めて7名の犠牲者の冥福を祈るとともに、
犠牲者の遺族や友人、そしてこの事件で傷ついた人達に少しでも早く平穏が訪れることを祈ってます。
[PR]
by thirty-satan | 2008-06-14 00:58 | その時、私は・・・・

秋葉原で、

ども、JINNです。





今日は実家の車のタイヤ交換で会社に行き、その後「ヲタクの聖地 アキバ」に行ってきました。






会社からアキバまで近いので車を会社に置き、会社の自転車でアキバに向かうと、アキバ上空に数機のヘリコプターが飛んでました。

警視庁、消防庁、各新聞社、確認出来ただけでも5機。







靖国通りから万世橋を渡ると、いつも日曜は歩行者天国になっている中央通りは橋のたもとの交差点から通行止めになってました。





ま、私が買いに行ったSDカードが安く売っているお店は中央通りから一本西側に入ったところなので、通行止めに影響されることなくお店に到着。




アッサリとターゲットも発見。




アキバに着いてものの数分で目標達成!





ついでに店員と他のお客さんが”なぜ通行止めになっているのか”と話をしていたので聞き耳を立てて、殺傷事件があったこと、犯人は捕まったことなどの情報も入手。





「物騒だなぁ」と思いつつ、携帯を確認すると、自転車に載っていて気が付かなかったのですが、数件のメールは届いていました。


内容は私がその時”どこにいるのか?”とか、”アキバにはいないよね?”っといった内容だった。








なんで私のいる場所を知っているんだろ?




正直この時はそれほど大事件とは感じていませんでした。


一ヶ月ほど前に警察官に職務質問され、最近アキバが物騒なのは聞いていたし、”犯人は捕まって事件は解決済み”と知っていたので。





しかし自宅に帰ってニュースを見てビックリ!!






まさかアキバで17人もの死傷者を出す通り魔殺人が起きていたなんて!!









犠牲になった7名のご冥福をお祈りします。
[PR]
by thirty-satan | 2008-06-09 02:09 | その時、私は・・・・

緊急事態!?

f0046325_14145244.jpg

f0046325_14145214.jpg

f0046325_14145240.jpg

ども、JINNです。





昼過ぎくらいからやたらと
「今もしかして秋葉原にいる?」

「アキバにいないよね?」
「今日も車の整備してるの?アキバにはいないよね?」

というメールが届いた。













えぇ、アキバにいます!











なんでそんなに現在地確認のメールがきたのかってぇ~と、なんでも秋葉原のど真ん中で殺傷事件があったらしい。




警視庁、消防庁、新聞記者にNHKの中継車まで、現場はお祭り騒ぎ。








いや、アキバにいたのは偶然ですから、偶然ね・・・・・・









マジで。








取り合えず現場から更新でした。
[PR]
by thirty-satan | 2008-06-08 14:14 | その時、私は・・・・

2008年5月4日の出来事 ~職務質問~

ども、JINNです。




2008年5月4日 2100時過ぎ。
私はヲタクの聖地"アキハバラ"にいました。




5月3日~4日とパルサーGTI-Rオーナーズクラブ全国ミーティングの帰りで、日に焼けた腕や首が痛かったのでシーフリーズのような日焼けの火照りや痛みを和らげてくれるものを買おうと何店かのコンビニに途中寄ったのですが売ってなく、結局アキハバラのドンキホーテに辿り着いたのです。




ドンキホーテの前に車を停め、店内で目的のものを購入、すぐに車に戻り早速腕や首に塗っていると、パトカーが私の車の横に停まり警察官が降りて近づいて来たのです。














警察官A:「こんばんは。ちょっといいですか?」


少し年配で目の細い色白の人当たりの良さそうなその警察官は話しかけてきた。



私:「はい、なんです?」



警察官A:「職務質問なんですけど、いいですか?」



私:「ああ、構いませんよ。」



私は車から降りて、なにも気にせずに職務質問に応じた。




警察官A:「車の中を確認させてもらってもいいかな?」



私:「えぇ、別に構いませんよ。荷物が多くてゴチャゴチャしてるけど、それでもよければ。」



警察官A:「大丈夫ですよ、特に高額のものが無ければ。」



私はちょっと考えるふりをして、


私:「あ~、友人が作ってくれたこの車のチョロQが値段を付けられないくらいかな?」



と言うと、


警察官A:「なるほど。ではそのチョロQには触れないようにしましょう。」


と笑いながら応えた。
そしてその会話を聞いていたもう一人の警察官Bが私の車の中のガサ入れを始めた。
警察官Bはあきらかにメタボな体系で、着用している防刀ベストがさらに体系を丸く感じさせていた。
私は警察官Aと私の車の後ろに行き、トランクの中を確認して貰った。






警察官A:「どこかの帰りですか?」



警察官Aはガサ入れをしている警察官Bの方を一瞥した後話しかけてきた。




私:「えぇ、この車のオーナーズクラブの集まりで八ヶ岳まで行って来たんです。」




警察官A:「八ヶ岳?長野県の?」




私:「えぇ。まぁ私が行ったのは山梨県側ですけど。」




警察官A:「バーベキューか何かをしに?」




私:「まあそんな感じですね。年に一回全国からこの車のオーナーが集まるんですよ。」




警察官A:「なるほどね。」



そう言って警察官Aはまた警察官Bの方を一瞥した。
私も警察官Bのに視線を向けると、狭い車の中で太っている警察官Bが体を捻りながらリヤシートに置いてある着替えの入ったリュックの中身を調べているところだった。



私:「ずいぶんと厳重にチェックするんですね。」



と私が言うと、



警察官A:「過剰だと思う?」



と聞き返してきた。




私:「そうですね、飛行機の手荷物検査並みだね。6日から国賓が来日予定だから?」



警察官A:「いえ、この辺はいつもこんな感じですよ。」




私:「そうなんですか?」




警察官A:「最近アキハバラ周辺は物騒なんですよ。恐喝とか暴行事件が多発しているんです。」



私:「へぇ~。じゃあ自分は怪しく見えたから職質されたのかな?」



と私がいうと



警察官A:「そういう訳ではないんですよ。」



と苦笑いしながら応えました。



私:「ま、治安が悪化しているなら防犯対策を強化するに越したことはないですからね。」



警察官A:「理解してもらえれば助かります。
        ところで、JINNさんは警察にお世話になったことはありますか?」




私:「えぇ、一昨年の年末から去年の3月まで飯田橋にあった警察病院にはお世話になりました。




警察官Aは笑いながら



警察官A:「いやいや、警察病院とかではなくて、交通違反とかではなく例えば窃盗とか暴行容疑とかで捕まったとか・・・・」





私:「あ、そっちはまだ未体験ですね。」







警察官A:「分かりました。」





警察官Aとは終始和やかな会話だった。
そこに車の中をガサ入れしていた警察官Bが額に汗を浮かべながら近づいてきた。



警察官B:「ちょっとよろしいでしょうか?」



私:「何か変なものでもありました?」



と笑いながら言うと



警察官B:「ナイフのケースのようなものがあるのですが、中身はどこにあるのですか?」


と聞いてきた。





ナイフのケース!?
そんなものは必要無いし、積んだ覚えも無かった。



私:「ナイフのケース?そんなものは無いはずですが。」



すると警察官Bは運転席側のドアポケットに入っていた黒いナイロン製のケースを取り出した。



私は可笑しくなって、


私:「その同じドアポケットの中にライトがあるでしょ?そのケースですよ。」



と言うと、警察官Bはドアポケットの中を再び確認し、中からシルバーのLEDライトを取り出し、そして黒いナイロン製のケースに入れると納得するように頷いた。




警察官BはLEDライトを入れたナイロンケースをドアポケットに納めると


警察官B:「あともう一ついいですか?」


と私に手招きをしてきた。



私:「なんです?」


と私も運転席に近づくと警察官Bはサイドブレーキレバーの後ろにある小物入れを漁り、中から車載工具のカッターを取り出した。



警察官B:「ここにカッターが入っていたんですけど、これは?」




私:「ああ、この前オーディオを付け替えた時に配線を止めるテープを切るのに使って、そこに入れておいたんだけど。一緒にドライバーも入っているでしょ?」




小物入れの中には赤いグリップのプラスドライバーも入っていた。




警察官B:「このような場所にカッターとか凶器になるものを入れておくと、軽犯罪法違反になるんですが。」




私:「は!?」




警察官B:「車内の手の届くところに凶器になるようなものを置かれていると誰かを脅したり、傷付けたりする可能性があるので軽犯罪法に触れるんです。」




私はこの警察官Bが言っていることに怒りを覚えた。




私:「そのカッターは車載工具であって、別にそれで誰かを傷つけるつもりはないんですけどね?」



と怒りを堪えながら言うと




警察官B:「そうかもしれませんが、このカッターが手に届くところにあると万が一あなたが暴漢とかに襲われて、その時に身を守る為とはいえそれで相手を傷つけたら犯罪になるんです。」



私:「ん!?身を守る為にカッターを使って相手を傷つけたら犯罪!?」





警察官B:「はい。だから手の届くところに置いてあると軽犯罪法に引っかかるんです。」





私には理解しがたかった。





この警察官Bの言っている事はまるで
”暴漢に襲われても抵抗するな”
といっているようだったし、なにより私がそのカッターで誰かを傷つけることを前提で話しているように聞こえた。





警察官B:「警察署まで任意同行願いますか?」




”刑事ドラマみたいだな”と、私は一瞬思ったが、私は
「なぜ警察署に?」
と警察官Bに質問していた。




警察官B:「軽犯罪法違反なので、警察署にて調書を取ります。」




私は納得出来なかったので警察官Bではなく警察官Aに”そこまでする必要あるのか?”と聞こうと警察官Aの方を見ると、警察官Aは意外にも困った表情をしていた。
しかもその表情は私に対してではなく、どうやらこのメタボな警察官Bに対してのようだった。





”この2人は相性が良くないのか!?”と私は思ってしまった。







私:「で、調書を取るために警察署にいってどうなる?」



と、私は警察官Bに仕方なく聞いた。



警察官B:「なぜ凶器となるものを所持していたのか等の調書を書く為の質問に答えて頂きます。
      なにぶん最近アキハバラ周辺は治安も悪化していて・・・・・




私の視界の中で警察官Aが溜息をつくのが見えた。




”この2人は間違い無く相性が悪い。原因はこの警察官Bか・・・”




この状況で少し気分的に余裕が出来た。








今思えばそれがいけなかった・・・・・







私は警察官Bの言葉を遮り、


私:「ちょっと待て!別にアキハバラが治安が悪いとかそんなことは聞いてないんだ!」


私はワザと口調を強くし、警察官Bを見下す感じに言い返した。



私:「俺が知りたいのは警察署に行って調書を取るとどうなるかってことなんだ!
   あなたのまどろっこしい話はどうでもいいから簡単に答えてくれ。警察署にいって調書を取ると前科は付くのか!?」




警察官B:「前科はつきません!」



まるで上司にでも応えるかのようにハッキリとした口調の応え方だった。
警察官Aはオデコに手を当ててうつむいていたが、その口元は笑っていた。




私:「警察署で調書を取るだけ?」



私は笑いそうになるのを堪えながら聞いた。




警察官B:「はい、調書を取るだけです。」





私:「けど、任意同行なんだよね?任意ってことは断ってもいいの?
   断ったらどうするの?」





警察官B:「そうなったらご理解頂けるまで説得します。」





私:「それじゃ強制連行と変わらないじゃん?」





警察官B:「いえ、それは違います。」





私:「けど断れば任意同行に従うまで説得するんでしょ?」




警察官B:「あ、まぁ、それは・・・・・」







この時私は考えてしまった。















「ブログのネタになる♪」
















「これもいい経験かな。」と・・・・・・






私:「OK、分かったよ。任意同行に応じるよ。
   悪かったね、意地悪な質問をして。」




私のこの言葉を聞いて警察官Bは安心したようだった。




警察官B:「では署に連絡しますので、ちょっと待っていてください!」






この時意外だったのは警察官Bが無線を使わずに携帯電話で警察署と連絡を取っていた。



私が警察官Bの様子を見ていると警察官Aが近寄ってきた。



警察官A:「お手数かけますね。」


警察官Aはすまなそうに頭をかきながら話しかけてきた。




私:「まぁ、知らなかったとはいえ違反なら仕方がないですよ。
   ただ勘違いして欲しくないのは決して納得している訳ではないでから。」



警察官A:「ま、ねぇ・・・・」



警察官Aは警察官Bの方を見ながらまた困ったような表情をした。


そんな警察官Aの表情に気付く様子もなく警察官Bが近寄ってきた。



警察官B:「それでは本富士警察署に移動するので、付いて来てください。」



私:「えっ!?万世橋署じゃないの!?」



私は驚いて聞き返してしまった。
職務質問を受けている場所からは万世橋署が一番近かったし、アキハバラといえば万世橋警察のイメージが強かったからだ。



警察官B:「はい、一番近いのは万世橋署なのですが、今ケンカで当直が出払っているので次に近い本富士署に向かいます。」





当直全員が出動するなんて、どんなケンカだよ・・・・・






そんな訳で2008年5月4日21時30分頃、私は本富士署へと任意同行することとなった。





              
              
[PR]
by thirty-satan | 2008-05-23 02:15 | その時、私は・・・・



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧