ま、テキトーにな。

カテゴリ:pray 4 japan( 12 )

7年前 ~2011年3月11日 14:46~




2013年9月2日




私の住んでいる街に竜巻が発生しました。



運よく私の住んでいるアパートや実家近くを竜巻が通過しなかったお陰で被害はありませんでしたが多くの家屋や田畑、農作物に被害がでました。



自分の地元であるのと同時に被害が多く出たエリアは学生時代に通学でよく通っていたエリアだったので、その週末に被害エリアの瓦礫撤去のボランティアに参加しました。




私が振り分けられたグループの担当エリアは私の母校のすぐ近くの田んぼの中に落ちている瓦礫撤去でした。




私の振り分けられたグループは15名くらいで2班に分かれて田んぼの中に落ちている瓦礫を撤去していたのですが、私がいた班の数名がぬかるんだ田んぼを馴れた感じでスムーズに歩き回るのが目に付きました。



お昼休みに田んぼの中をスムーズに歩き回っていた方に
「随分と田んぼの中を歩くのに慣れているんですね」
というと
「福島で農家をやっていたんです」
という答えが返ってきました。




「農家をやっていた


その言葉で話を聞いていた他の参加者も一斉にその方の方に顔を向けました。


その方の隣にいた別の方が
「震災の津波で家も畑も全部流されちゃってね」
と話に入ってきました。



私と向かい合う形で座っていた3人の初老の方たちは同じ福島県で農家をやっていたが、3人とも震災で全てを流されてしまったという。


「でも運よく家族は皆無事だったし、今は仮設住宅暮らしだけど徐々に生活も良くなっているよ。
 何より震災の時に駆けつけて来てくれたボランティアの人達には本当に助けられた。
 だから恩返しのつもりで畑がなくなって暇を持て余している3人で来たんですよ。」




3人とも笑顔でした。





周りの人も笑顔にさせる、力強くて素敵な笑顔でした。






















7年前の今日、東日本大震災により犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると共にいまだ避難生活を続ける皆さんが再び故郷の大地を踏みしめ、故郷の空を見上げられる日が再び来ることを願っています。





また、今も被災地の復興活動を、そして福島原発で収束にむけて作業している方々が無事に家族のもとに帰れるよう心から願っています。





黙祷











[PR]
by thirty-satan | 2018-03-11 14:46 | pray 4 japan

6年前 ~2011年3月11日 14:46~

ども、JINNです。




東日本大震災から6年。






もう6年?




まだ6年?








感じ方は人それぞれだとは思います。







ただ、悲しいことに被災者や非難した人達、そして被災地で復興に向けて頑張っている人達が差別されていることが度々ニュースになっています。





本当の意味での復興はこのような”差別”がなくならなければ終らないのではないでしょうか。









6年前の今日、東日本大震災により犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると共に、いまだ避難生活を続ける皆さんが再び故郷の大地を踏みしめ、故郷の空を見上げられる日が再び来ることを願っています。





そして被災して5年、今も被災地の復興活動を、そして福島原発で収束にむけて作業している方々が無事に家族のもとに帰れるよう願います。




黙祷








[PR]
by thirty-satan | 2017-03-11 14:46 | pray 4 japan

5年前 ~2011年3月11日 14:46~




5年前の今日、東日本大震災により犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると共に、いまだ避難生活を続ける皆さんが再び故郷の大地を踏みしめ、故郷の空を見上げられる日が再び来ることを願っています。





そして被災して5年、今も被災地の復興活動を、そして福島原発で収束にむけて作業している方々が無事に家族のもとに帰れるよう願います。















2011年の夏から秋にかけて3度に渡り、自分が出来ることを行う為に私は被災地に足を踏み入れました。






現場は私の想像を超えた被害状況で、その景色は忘れようとしてもとても忘れることの出来るものではありませんでした。








でもそんな状況においても復旧・復興に向けて涙を流しながらも立ち上がる力強い人々を見ました。








その中には被災地の状況以上に忘れられないものがありました。






力なく座っていた被災者が活動を始める私たちに気が付くと、自分の分の水や食料を渡そうとし、そして寒さで冷たくなった両手で私の手を握りしめ、「よろしくお願いします!」と言われながら見た涙目の笑顔は決して忘れません。






そして救助隊の車や自衛隊の車列が来ると沿道まで駆けて行き敬礼する子供や、「ありがとう!」と笑顔で叫びながら手を振る子供たち。





つらく絶望的な状況下でも自分達に出来ることを行おうとする人たちの優しさと力強さを、私は忘れません。











黙祷










[PR]
by thirty-satan | 2016-03-11 14:46 | pray 4 japan

4年前 ~2011年3月11日 14:46~







犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると共に、いまだ避難生活を続ける皆さんが再び故郷の大地を踏みしめ、故郷の空を見上げられる日が再び来ることを願っています。





そして被災して4年、今も被災地の復興活動をしている方々が無事に家族のもとに帰れるよう願います。









黙祷























希望を、未来へ。
























[PR]
by thirty-satan | 2015-03-11 14:46 | pray 4 japan

3年前 ~2011年3月11日 14:46~




3年





まだ3年





もう3年







でも忘れません。





絶対に忘れません。












3年前の3月11日午後2時46分の起きた東日本大震災。








犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると共に、いまだ避難生活を続ける皆さんが再び故郷の大地を踏みしめ、故郷の空を見上げられる日が再び来ることを願っています。





そして今この時も被災地の復興活動をしている方々が無事に家族のもとに帰れるよう願います。










黙祷。














※閲覧注意!  過激な画像が映っていますので動画をご覧になられる方はご注意してください。






[PR]
by thirty-satan | 2014-03-11 14:46 | pray 4 japan

~2011年 3月11日 14:46~





東日本大震災で犠牲になった方々に哀悼の意を表するとともに、いまだ行方の分からない人達が少しでも早く見付かり家族の下に帰られるよう心からお祈り申し上げます。






そしてまだ避難生活を続ける皆さんが再び故郷の大地を踏みしめ、故郷の空を見上げられる日が再び来ることを願うとともに、いまだ先の見えない復興の為に被災地で懸命に戦い続ける人たちが無事に家族の下に戻ることが出来るよう願っています。










[PR]
by thirty-satan | 2013-03-11 14:46 | pray 4 japan

2012年 3月11日 14:46  in TTC








2012年 3月11日 14時46分







東松山にあるタムラ・トレーニング・センターにて。











共にロープ降下訓練をする仲間たちと共に。





















f0046325_1555079.jpg




f0046325_156677.jpg





黙祷!
[PR]
by thirty-satan | 2012-03-12 01:56 | pray 4 japan

1年前  ~2011年 3月11日 14:46~

2011年 3月11日














あの日から1年が経ちました。















東日本大震災で犠牲になった方々に哀悼の意を表するとともに、いまだ行方の分からない人達が少しでも早く見付かり家族の下に帰られるよう心からお祈り申し上げます。






そしてまだ避難生活を続ける皆さんが再び故郷の大地を踏みしめ、故郷の空を見上げられる日が再び来ることを願って・・・・・




















[PR]
by thirty-satan | 2012-03-11 14:49 | pray 4 japan

感謝の気持ちが皆に届きますように・・・

東日本大震災の復興支援活動に参加された皆さん、






そして遠い空の下で祈ってくれた皆さんへ













”ありがとう”




一人でも多くの方にこの気持ちが届きますように。
[PR]
by thirty-satan | 2011-12-13 00:58 | pray 4 japan

pray for Japan




今まで世界中から日本へのメッセージや支援が届きました。




その中でYouTubeで見つけた動画をいくつか紹介します。





ただ、中には生々しい部分もあるので気持ちに世湯がある時にご覧頂くことをお薦めします。














被災地へ支援に向かった米軍指揮官が現地の状況を見て、有志で集めた支援物資を現場判断で行動したそうです。


この他輸送機の着陸不可能といわれた仙台空港にパラシュート部隊で降下し、空港を着陸できるようにしたのは有名な話です。










後半2分40秒以降は世界中からのメッセージで構成されていて、ちょっと目頭が熱くなってしまいました。










NHKのアナウンサーと吉田茂氏の防衛大でのスピーチは心に響きます。





そして最後の42時間ぶりに救助されたばかりのおじいさんの笑顔と言葉は、



まさに不屈の精神!
[PR]
by thirty-satan | 2011-05-03 01:27 | pray 4 japan



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧