ま、テキトーにな。

SDT-WORKS タクティカルトレーニング~PMS Shooter Class in TTC~


ども、JINNです。




2012年3月24日 土曜日  東松山にあるタムラトレーニングセンター(以下 TTC)で開催されたSDT-WORKS主催タクティカルトレーニング~PMS Shooter Class~を受講してきました。





SDT-WORKS主催のトレーニングは去年9月に続いて2回目のTTC開催で、今回のトレーニング内容は

・PSDオペレーションにおける射撃の意義
・銃器の携行と使用
・クロスレンジでの射撃(基本射撃)
・近~中距離での射撃
(小銃・拳銃)
・チームタクティクス
・フォーメーションの設定と距離
・エスコートドリル
・embus debus (エンバス・ディバス)
・CAT (Counter attack Drill)
・想定訓練

と、今回も内容の濃いトレーニングでした。





f0046325_13325881.jpg









まずは肩慣らしにスチールターゲットを使ってウォーミングアップ。



f0046325_922962.jpg




f0046325_9224163.jpg




f0046325_923559.jpg




f0046325_923275.jpg



号令と同時にターゲットに接近し2タップ(2発撃つ)。




実はこれが今回のトレーニング前半の基礎となる部分で、次に護衛対象役( 以下パッケージ)となるバディと組み、襲撃を受けたことを想定してバディの前に飛び出し、同じくターゲットに2タップ。



f0046325_11281026.jpg




f0046325_11284278.jpg




f0046325_11292071.jpg




f0046325_113553.jpg





ここで重要なのはパッケージを守る壁になるようにパッケージと襲撃者の間に入り込むこと。

出来るだけ素早くパッケージの前に飛び出します。






次にパッケージを後ろに引き襲撃者から遠ざけ、その間に割り込んでからのターゲットに2タップ。



f0046325_11304011.jpg




f0046325_1131294.jpg




f0046325_11312938.jpg




f0046325_11315456.jpg





これも出来るだけ早くパッケージと襲撃者との間に入り込み、パッケージを守る壁のとなり反撃します。






この後は二人組みでの襲撃された場合のカウンターアタックと離脱を複数パターン行いました。




f0046325_11391496.jpg




一人が反撃、もう一人がパッケージを抑えながら速やかに離脱。
ここではパッケージをうまくコントロールしていかに早く離脱するかがポイント。









次に4人組でのフォーメーションに入り、チームの連携が課題に入ります。



f0046325_11433471.jpg





先頭に2名のガードを配置し、次にパッケージとチームリーダー、そして後衛に1名のガードを配置しフロントライン・フォーメーションを行いました。








そして、ここで突然想定訓練が予告無しに始まりました!!




前衛の左は@海苔衛門氏、右は私で前進していると@まいど教官が何気なく進行方向に立っている。



徐々に距離が詰まって行く・・・・・・












突然@まいど教官が@海苔衛門氏に襲い掛かりました!


私が気付いて二人の方を見た時には@まいど教官が@海苔衛門氏の肩越しに、パッケージに向かって拳銃を向けるのが確認出来ました。


私はとっさにM4の銃口で@まいど教官の左脇腹を一突き、そしてそのまま発砲!




倒れる襲撃者役の@まいど教官。



動画ではここまでですが、チームリーダーの@黄寅猫氏と後衛のアンダーソン氏は初め事態が理解できず戸惑っていましたが、その後すぐに状況を理解しパッケージを連れて後方へと離脱。



チームの動きとしてはまだ修正する部分は沢山ありますが、即席のチームとしてはまずまずの対処だったかと思います。



この後私が襲撃者の武装解除をしサポートに回り、@海苔衛門氏が襲撃者の身体検査・拘束となるのですが、



@海苔衛門氏「この後どうすればいいか分からないです!」



と伝えてきたので



私「まずは襲撃者の生死の確認!」



と私が言うと



@海苔衛門氏「え!?精子の確認!?」



とイキナリ襲撃者の@まいど教官の股間をワシ掴み!!





突然股間をワシ掴みにされ一瞬ビクン!とする@まいど教官(笑)


私「いやいやいやいや!!その”精子”じゃなくって生きているか、死んでいるかの方の”生死”!!」


@海苔衛門氏「あ、そっちの生死ね♪」

とわし掴みしていた@まいど教官の股間から手を離し、今度は@まいど教官の首筋に手を当て今度こそ生死の確認をし、他に武器は無いか、所持品がないか身体検査をして状況終了。




もう私も、まいど教官も笑いを堪えるのに必死!



まさかね、”生死の確認”を”精子の確認”と勘違いされるとは思ってもいない、想定外のアクシデントでした(^-^;






次に行ったのはエンバス・ディバス。



パッケージの自宅から勤務先までの移動は複数のルートを使ったとしても、出発地点と目的地はいつも同じになります。
そうすると、襲撃者は通るか分からないルート途中での襲撃より確実にターゲットが向かう先で襲撃するのが一番確実。

つまり警護する上では一番危険な状況なのです。


そこで車両から建物に入るまでの状況での動きを椅子を使って何度か繰り返し練習します。





f0046325_1237412.jpg




前列右側が運転席という日本車の設定で、助手席とその後ろにはオペレーター、運転席の後ろの席にパッケージという配置。



f0046325_12372340.jpg




まずは助手席の私が車を降りて周辺に危険がないかを確認。



f0046325_12374783.jpg




そして安全を確認してから後部ドアを叩いて合図し、助手席後ろに載っていたリーダー役の@グレゴルー氏が車から降り、



f0046325_12381210.jpg





続いて運転席後ろに載っていたパッケージ役の@黄寅猫氏が車から降ります。



f0046325_12384163.jpg




f0046325_1239588.jpg





全員が降りたことを確認して運転手役の@アンダーソン氏が車から降り、もう一度周辺の安全を確認しつつ建物へと移動を開始した3人の後を後方警戒しながら後に続きます。



これを各自それぞれのポジションをやってみて、動きを覚えます。







一通り各ポジションの動きを覚えた後は、緊急時の退避要領のトレーニングを実際に車を使ってやってみます。
何らかのアクシデントや脅威に遭遇した場合、素早く建物の中へ避難するかもしくは車に引き返しその場を離脱します。


その際パッケージの姿勢を強引に低くして、車に押しこみます。



f0046325_1240243.jpg



パッケージ役の人は頭を抑えられながら車に飛び込むので安全の為にヘルメットを装着します。


オペレーターはパッケージを車に押し込んだらその上に覆い被さるように飛び乗り、運転手に発車を指示、そのまま離脱という感じ。








さらに実際に車を使ってエンバス・ディバス行ってみます。





f0046325_12405351.jpg





まずは助手席のオペレーターが降りて危険が無いか確認。




ちなみに、他の受講生はこの時パッケージを芸能人か政治家などに見立てて小芝居をして臨場感を高めます♪

「サインくださーい♪」や「写真を一枚!」などはまだ友好的でオペレーターも余裕ですが、その中から突然ナイフを持った男が!!



f0046325_12413328.jpg




もうね、必死です!








で、毎回パッケージを襲うのは同じ人ではなく、勿論交代する訳で・・・・・




f0046325_12421715.jpg



今度の襲撃者は@アンダーソン氏。


もう”絶対に仕留めてやる!”というヤル気というか殺気が背中からヒシヒシと・・・・・





f0046325_12424959.jpg





しかしその思惑とは裏腹にアッサリ襲撃は防がれ、オペレーター役の受講生の素早い対応でパッケージは無事に離脱。

見事な対応でした。










続いてエスコート・ドリルを行い、各ポジションの距離の取り方を学びます。



f0046325_12433120.jpg




f0046325_12435369.jpg






前後左右の距離を一定に保ちながらの移動は結構難しく、何度も繰り返さないとなかなか身に付きません。








一通りの訓練が終わり、いよいよ今回の訓練のメインイベントとなる想定訓練へと入ります。



受講生は1チーム5名の2ニットに別れ、それぞれチームリーダーを決め与えられた状況の分析へと入ります。
また、想定訓練では片方のチームから現地企業の役員役と護衛対象のパッケージ、そしてパッケージを襲撃するテロリスト役を各1名ずつ選抜します。
もちろんテロリスト役を誰がやるかは内緒です♪






私のチームは私がリーダーに決まり、早速状況の分析・対策を皆で検討します。


教官から与えられた状況は
・パッケージは油田開発の大企業の役員で亡国での視察に動向
・現時点ではチームは現地入りしていないので視察先の状況は不明
・現地コーディネーターにアポを取り、チーム内から1名先遣隊として派遣し情報を集めること



f0046325_12464230.jpg




すぐに@アンダーソン氏を先遣隊として選抜し、現地での収集すべき事柄を皆で出し合ってメモを取ります。



そしてさらに教官から注意事項が伝えられ、


「実際の任務では些細なミスが命取りになったり、重大な事態、戦争や暴動を招いてしまう可能性もある。
 また、企業の重役がパッケージとなる場合、スキャンダルや対応のミスが株価の暴落を招いたり会社の存亡が危うくなったりすることで多大な損害がでる場合がある。」


と、さらに状況が複雑化していきます。



さらに行動開始までの時間も制限され、受講者の表情が一気に真剣さを増します。






f0046325_12444960.jpg




現地にてコーディネーターから情報を聞き出す@アンダーソン氏。

画像の奥では残りのメンバーと細かい打ち合わせをしているのが写っています。




f0046325_12452293.jpg




コーディネーターの案内で現地を視察する@アンダーソン氏。

彼の情報だけが頼りです。




f0046325_1246745.jpg



亡国の視察から戻った@アンダーソン氏から報告を受けるメンバー達。


@アンダーソン氏が持ち帰った情報を元にチームとしての最終的な意思統一を決めます。


主な情報として

・現地では日本語が通じる
・パッケージの企業は強引な開発で一部(?)の現地住民からは反感を持たれている
・視察する施設周辺には住居はないが、作業員以外にも現地住民が現れることもある
・( コーディネーターから見たら)比較的治安は善い方(だと思う?)



状況と現地の情報を加味してチーム内では武器の使用の条件を決め、エスコートフォーメーションの各自のポジション、状況への対応等を確認し行動を開始しました。





f0046325_12473485.jpg




f0046325_12475345.jpg




f0046325_12481651.jpg





そして終盤に差し掛かった頃、1つの怪しい人影が・・・・・・




f0046325_12484654.jpg




最終段階で油断が出てしまい、パッケージの企業へ反感を持つ者からの襲撃を受けてしまいました!



速やかに車両での離脱は出来たのでパッケージには被害が無かったので良かったのですが、襲撃されたことにより私が首周辺をメッタ刺しされ死亡・・・・・・




最後の最後でドジを踏んじまいましたよ・・・・・(-_-;







ただそこまでの行動はほぼ打ち合わせた通りに武器の使用を極力避けて行動でき、まいど教官からも高評価をいただけました。




f0046325_1250058.jpg




想定終了後のAAR(アフター・アクション・レビュー)では良かった点、悪かった点、またそれぞれが感じたことなどを述べて経験したことや感じたことを共有します。








さて、今度は次のチームの想定訓練になるのですが、今度は私達のチームから現地企業の役員役と護衛対象のパッケージ、パッケージを襲撃するテロリスト役を各1名ずつ選抜、準備が完了したところで次の想定開始となりました。



で、




今回の現地企業の役員役は@海苔衛門氏、護衛対象のパッケージ役は@グレゴルー氏、そしてテロリスト役は、私♪



初めはどのように襲撃するか悩みましたが、”単純に何気なく近づいて襲撃できそうならやってみる”という簡単な作戦にしました。






f0046325_12532571.jpg




この時私は左側の茂みが切れる辺りに立っていました。




そしてパッケージが茂みの切れる辺りに来た時、オペレーターは右側のみを警戒して左側は見ておらず、私の前には現地企業の役員役の@海苔衛門氏とパッケージ役の@グレゴルー氏が手の届く距離に・・・・・・・





私はすぐに飛び出しパッケージ役の@グレゴルー氏の左脇腹と背中へ訓練用ナイフを突き立てました!




f0046325_1343258.jpg




後衛のオペレーターがすぐに私を押さえつけますが、前衛のオペレーターは状況を理解出来ず行動が遅れました。



しかもこの時私は押さえつけられただけで武装解除もされなかったので、逃げようとするパッケージを再び襲撃!!




f0046325_136313.jpg




負傷してヨロヨロと力なく歩き、倒れる直前の@グレゴルー氏と慌てて再び私を押さえつけるオペレーター達、慌てふためきながら「私の契約はどうなるんですか!私の契約は!!」と現地役員を熱演する@海苔衛門氏。
そして押さえつけられながら「私の土地を返せぇぇぇぇ!」と叫ぶ私。




ちょっとしたパニックです♪







f0046325_13125313.jpg



状況が終わり、一同笑いながら集合。
しかしAARでは全員が真剣になぜ襲撃を許してしまったのか、その時の状況をしっかり復習し対処できるよう話し合いました。





タクティカルトレーニング、特に想定訓練では上手く行った時よりも失敗した時の方が学ぶものが多く、状況終了後のAARがとても重要になります。




今回のトレーニングの想定訓練では、特にAARで学ぶことの多い内容でした。






f0046325_13333577.jpg

[PR]
# by thirty-satan | 2012-07-22 13:34 | タクティカルトレーニング

工場での会話




ども、JINNです。



2012年6月20日未明都内某工場。




仕事の合間にヤフーニュースを見ていた私。




私「工場長、去年一番稼いだハリウッド女優って誰だと思います?」




工場長「ん~・・・・・・・・ジュリア・ロバーツ?」




私「いえ、クリステン・スチュワートって女優だそうです。」




工場長「ん!?どっかで聞いたことがあるぞ・・・・スチュワート、スチュワート・・・・・・・」




私「・・・・・・・」




工場長「そうだ!スチュワート・リトルって人いるでしょ?」




私「・・・・・工場長、そりゃ人じゃなくってネズミですって・・・・・・」





工場長「あれ!?そうだっけ?でも映画あったよね?主役だったら結構稼いでいるんじゃない?」




私「いや、稼いでいるも何もCGで存在すらしてねぇっすよ・・・・・」




工場長「あ、そうなの?でも良い名前だよね、スチュワート・リトル♪」




私「・・・・・そうですね・・・・・・」








うちの工場長はたまに素で天然です。







ちなみに、”スチュート・リトル”ではなく”スチュート・リトル”です。
[PR]
# by thirty-satan | 2012-06-20 18:39 | てきと~

CDデビューすることとなりました♪




ども、JINNです。





ちょっとしたキッカケからCDデビューすることとなりました♪(≧∀≦)ノシ





いやぁ~人生いつ何が起きるか分かりませんねぇ~♪








あ、ちなみにデビューシングルのタイトルは


「ラペリング~ロープ降下のカタルシス~」



ミックスチャーロックでテンポのいい曲です。





ちなみにミックスチャーロックとはこんな感じ♪







あ、それとB面は


「東松山純恋歌~なっちゅんはお年頃♪~」



で、こちらは演歌になります。

えぇ、シットリと聞かせますよぉ~♪







ネット配信は都合により有りませんので、お近くのCDレコード店でお買い求めくださいm(__)m
[PR]
# by thirty-satan | 2012-04-01 03:34 | 4月1日

お彼岸の悲劇



ども、JINNです。











春分の日の前後3日の計7日をお彼岸というそうです。












で、










そんなお彼岸には皆さんお墓参りに行きますよね。












そんな訳で私も20日に車で5分ほどのところにあるうちのお墓に行って来ました。










ですが、墓地周辺の道はこの時期渋滞するのは当たり前。








当然のように私も渋滞にハマった訳ですが、もちろんそんな事は想定内♪







退屈な渋滞の時間も楽しい時間に出来るようコンビニでお茶とおはぎ(もちろんこしあん♪)をすでに購入し済み♪












そんな感じで渋滞にハマりさっそくおはぎ(やっぱりこしあん♪)を頂いた訳ですが・・・・・・
















一つ目のおはぎ(絶対こしあん♪)を口に入れた瞬間、前の車の後部座席にいる男の子(推定年齢2~3歳くらい)と視線が、前の車のリアガラス、私の車のフロントガラス、そして私のサングラス越しに重なり合いました。
















私と無表情な男の子の視線が重なり合ったまましばらくの沈黙・・・・・・











その間私の口はおはぎ(あまぁ~いこしあん♪)をモグモグと咀嚼し続けていました。











そして咀嚼しきったおはぎ(しつこいようですがこしあん♪)をゴクリと飲み込んだ瞬間・・・・・・














男の子の顔が一瞬で泣き顔に!?











そして隣に座っていたおばあちゃんと思しき女性に抱きつきました。













急に泣き出した男の子にビックリし戸惑うおばあちゃん。






そして運転席に座っているお父さんと助手席のお母さんも驚いて慌てている様子も前の車のリヤガラス、そして私の車のフロントガラス、もちろん私のサングラス越しに伝わってきました。





















f0046325_2134951.jpg





もうね、残り三つのおはぎ(つぶあんよりこしあん♪)を食べるのに凄い罪悪感・・・・・・・











ごめんなさい、本当にごめんなさい・・・・・・・orz
[PR]
# by thirty-satan | 2012-03-23 02:18 | てきと~

タクティカルトレーニング ~SDT-WORKS~





ども、JINNです。






さて、タクティカルトレーニングの紹介第4回目は、
























SDT-WORKS



SDT-WORKS(以下SDT)は秋田を拠点としておりその広大な土地を利用しての山間部でのフィールドトレーニングは有名で、食事までタクティカルになるらしいです。












えぇ、らしいんです。


















というのも私はまだSDTのホームの秋田には行った事がないんです(^-^;
















だって、遠いじゃん!(T-T)





















ですが!



去年9月にSDT初関東でのトレーニングがタムタ・トレーニング・センターで出張開催され、さっそく受講してきました♪














f0046325_20452332.jpg



滅多に受講できないトレーニングという事もあり、受講者の中にはそのスジの有名人が何名かいらしてました。





f0046325_2047682.jpg





最初は基本的なシューティングトレーニング。




f0046325_20513278.jpg




プライマリー(アサルトライフルやサブマシンガン等)でのトレーニング。




f0046325_20531060.jpg



もちろんマガジンチェンジも行います。


ちなみにこの方、ミリタリーブログで有名な@アンダーソン氏



後にTTCで一緒にラペリングを受講した際に知り合い、一緒にこのトレーニングを受講していたのを知りました(^-^;





f0046325_20564519.jpg



f0046325_205727.jpg



続いてセカンダリー(ハンドガン)でのトレーニング。
ホルスタードローからの射撃は繰り返し練習することで、早く、正確な射撃が出来るようになります。





続いて各種射撃姿勢でのトレーニング。


f0046325_2132640.jpg



スタンディングからダブルニーへ姿勢を変えて2タップ(2発撃つこと)


f0046325_2134058.jpg



その後プローンで2タップ


f0046325_2135875.jpg



再びダブルニーで2タップ、スタンディングへと移行してスルー・サーチ・カバーを行って終了。



偶然隣り合わせになった@アンダーソン氏とこれまた偶然発砲開始のタイミングが一緒になったので、意識してタイミングを合わせてみました♪






f0046325_2114380.jpg



続いて2マンセルでスタックを組んでのトレーニング。
前衛が発砲、後衛が横のラインを揃える様に移動スピードをコントロールします。















ちなみに、



f0046325_21173680.jpg



私の隣でトレーニングしていたのは”生コン3兄弟”の長男@海豹太郎氏と次男@海苔衛門氏。

この二人、”実装備と同じ重さでないとイヤ!!”病にかかっており、ダミープレートに生コンを流し込んでしまう変態で、その重さは約30Kg!!



もうね、変態ではなく大変態です!











f0046325_21331562.jpg



今度は横への移動しながらのムービングシュート。


これは真っ直ぐに移動するのと、ジグザグに移動する2パターンをトレーニング。
ターゲットの位置を確認しつつ進行方向も確認しないといけないので、慌てるとターゲットを撃ち洩らします。




f0046325_2136967.jpg



射撃姿勢の最後はスパイン。
これは後方に倒れた時を想定しての射撃姿勢。





f0046325_21491097.jpg



スパインを学んだ後にはSDT名物(?)のストレス下でのシューティングトレーニング。
これは前後左右に突き飛ばされ、前方ならプローン、後方はスパイン、左右に倒れた場合はタクティカルプローンで射撃します。


画像は後方に引っ張られスパインに移行するところ。






最後は参加者全員5ターゲットシューティングにチャレンジ。


ルールは5つの並んだターゲットを左からプライマリーで撃った後、セカンダリーで撃ちます。
ただしプライマリー、セカンダリー共に5発までしか撃てません。





f0046325_2211397.jpg



まずはプライマリーで。


ここで不覚にも1発撃ち損じました(T-T)




f0046325_22163681.jpg



つづいてセカンダリーで。


こちらは全弾命中♪


プライマリーで外した1発が悔やまれます・・・・・orz










SDT-WORKSのトレーニングはより実戦を想定したトレーニングを受講することが可能なので、機会を作って一度はホームの秋田に乗り込みたいと思っています。







今年に入りSDT-WORKSは関東で2回、


3月24日にTTCで、

4月21日、22日は千葉北フィールドで、

それぞれトレーニングが開催されます。


興味を持たれた方はぜひ受講してみてください♪

















おまけ♪










トレーニング中に撮られた一枚の画像。







f0046325_22414272.jpg



お分かりいただけるでしょうか?



まじめにトレーニングしている受講生の後ろで変な構え(?)をしているのはTTCの@タムヤン講師。

たぶんこの時@タムヤン講師は”かめはめ波”を出そうとしていたんだと思います・・・・





えぇ、たぶん・・・・・・(^-^;












ではまた。
[PR]
# by thirty-satan | 2012-03-18 22:47 | タクティカルトレーニング

2012年 3月11日 14:46  in TTC








2012年 3月11日 14時46分







東松山にあるタムラ・トレーニング・センターにて。











共にロープ降下訓練をする仲間たちと共に。





















f0046325_1555079.jpg




f0046325_156677.jpg





黙祷!
[PR]
# by thirty-satan | 2012-03-12 01:56 | pray 4 japan

1年前  ~2011年 3月11日 14:46~

2011年 3月11日














あの日から1年が経ちました。















東日本大震災で犠牲になった方々に哀悼の意を表するとともに、いまだ行方の分からない人達が少しでも早く見付かり家族の下に帰られるよう心からお祈り申し上げます。






そしてまだ避難生活を続ける皆さんが再び故郷の大地を踏みしめ、故郷の空を見上げられる日が再び来ることを願って・・・・・




















[PR]
# by thirty-satan | 2012-03-11 14:49 | pray 4 japan

タクティカルトレーニング ~タムラ・トレーニング・センター~





ども、JINNです。



まずはこの動画をご覧ください。



































私が受講しているタクティカルトレーニング(以下タクトレ)の紹介の3回目は



タムラ・トレーニング・センター(通称 TTC)



ここは埼玉県東松山市にあるトレーニング場で、ここの最大の特徴は通常皆さんがイメージするエアガン等を使ったタクトレの他にラペリング(ロープ降下)や格闘など、幅広くトレーニングを受講することが出来ます。




・戦術訓練

通常よく言われるタクティカルトレーニングです。
常設されたCQB施設で行われ、午前中に基礎、午後は想定訓練という流れで毎月定例開催されています。


ただし、ここのタクトレは他のトレーニング場とは違い交戦規定などの制約や様々な状況が想定されており、より実践的なのでサバイバルゲーム感覚で受講すると到底クリアーできるものではありません。


諸事情により想定訓練の内容は公開することは出来ませんが、本当の意味での”訓練”を経験したい方にはオススメです♪





ちなみに私が受講した時には、被弾に次ぐ被弾、そして最後に止めを刺されたうえに耳元でCO2グレネードが炸裂!!
最後はボロ雑巾のように通路からどかされました(^-^;


想定訓練が始まると被弾して死亡と判断されるとその場に倒れたままになるため、とても寂しい思いをします・・・・・


受講される方はそれなりの覚悟をしてから受講されることをオススメします♪





・潜入訓練

現在私が集中的に受講しているトレーニングで、ある意味TTCならではの訓練といえます。
潜入訓練も毎月定例開催されている訓練で、最大20mの高さからのロープ降下訓練を出来る民間のトレーニング場はここ以外はないと思います。



潜入訓練では初級で懸垂降下、ハング、スパイダー、作業姿勢の4つを覚えます。

中級になると戦闘降下、ラペリング、飛び出し(飛び込み)降下等の降下の他に、ボディ懸垂やファストロープ、上昇技術などを体験します。
また、ハーネスではなくロープで座席(ハーネスの代わり)を縛り、同じく降下訓練も行います。

上級になりますと各種飛び出し(飛び込み)降下等のさらに高度な降下技術を学び、さらに上のクラス、特級になると装備を付けた状態ので降下を行います。







f0046325_14124124.jpg



降下準備にはいる私と@せんじ~の氏。

二人の降下準備の姿勢が違うのが分かるでしょうか?





f0046325_14142620.jpg




f0046325_14162639.jpg




教官の「降下!」の声を合図に降下開始!
@せんじ~の氏はハング、私は戦闘降下のため対照的な降下姿勢。






f0046325_14191865.jpg



今度は壁のない場所でヘリコプターからの降下を想定してのラペリング。
上級者の管理の下、降下準備へ。




f0046325_14202065.jpg



「降下準備よし!」
と大きな声で言ったのですが、実はこの画像の時は初めてのラペリング降下だったのでちょっと顔がビビッてます(^-^;



f0046325_1422185.jpg



上級者の「降下!」の合図のあと、ちょっと戸惑いつつ降下。



上から見ていると上手く効果したように見えますが、下から見ると失敗しているのが分かります。







f0046325_14275732.jpg



降下準備まではまぁいいんです。






f0046325_14283248.jpg



降下開始と同時にブレーキになる左手で恐怖から無意識にロープを握ってしまい、この後鉄骨に向かって振られ激突!



f0046325_14302668.jpg



本来真っ直ぐ降下するはずなのに、前後に振られながら降下しちゃってます・・・・・










初めて降下された方も午後には普通に降下出来るようになりますし、楽しめる訓練なのでとてもオススメです♪




・格闘訓練

格闘訓練も毎月定例開催されている訓練で、潜入訓練後に行われます。

個人的に格闘技初心者にはとてもオススメな訓練で、普通の格闘技のジムや道場では深く教えてくれない体捌きや重心移動を分かりやすく教わることが出来ます。


正直言ってここで基本を教わっていれば、どこの格闘技に行っても通用すると思います。







ここまで紹介した定期開催の訓練の他に、不定期に開催される訓練もあります。








まずは特別訓練。







・潜入戦技特別訓練

潜入中級以上の方が対象となる訓練で、装備を付けての突入降下等を行います。






・戦術戦技特別訓練

戦術行動における技能を訓練で、動作のみでなくその考え方や状況に応じた感性を磨く訓練です。






・格闘特別訓練

1日6時間の格闘訓練です。






・総合特別訓練

TTCに宿泊し上記各種訓練を複合的に実施します。一番思い出に残りやすい訓練らしいです(^-^;






・ロウライト特別訓練

暗所でのライトの使い方を学びます。
かなり特殊技術のため、現職の方も多く受講しにこられているようです。






・野戦特別訓練

タクトレというとCQBのイメージが強いようですが、何も屋内での近接戦闘のみしか学べない訳ではないのがTTCのすごい所です。
野戦において擬装や部隊での動き方は独学ではなかなか学べないものの一つです。






・メディバック&キャスバック訓練

おそらく”戦闘下での救急処置”といえばイメージが出来るでしょうか?(^-^;
これもTTCならではの訓練で、開催のときには必ず受講したい訓練の一つです。










最後に技能訓練。





・ナイフ製作

去年試験的に開催された時好評だったので不定期に開催されます。
半分は社長の@タムヤン氏の趣味という噂も・・・・






・ランドナビゲーション訓練

簡単に言ってしまうと、コンパスと定規を使って地図を読み、定められた地点を探します。
ただこれは自分の位置がちゃんと分かっていないといけないので、地図の読み方、地形を理解することが重要で、簡単なようで奥の深い訓練です。






・サバイバル訓練

何もない状態を想定して火起こし、ランドナビゲーション、ナイフ製作を行います。



f0046325_15495244.jpg



釘を熱した後、ハンマーで叩き、研いでナイフを作ります。



f0046325_15505030.jpg



大人たちが時間が過ぎるのも忘れてナイフ研ぎに夢中になる姿は、なかなか笑えます♪



f0046325_1552141.jpg



約2時間半くらいで作ったナイフ。

正直1日あっても足りません!!




f0046325_1553282.jpg



ナイフ研ぎに夢中になる大人もいれば、火起こしに夢中になる大人たちも・・・・・・






TTCが一部の方々から”キッザニア”を文字って”オッサニア”と呼ばれているのも分かる気がします(^-^;









正直もっと詳しく紹介したいところなのですが、そうするとキリがなくって・・・・・・・

















決してミリタリーマニアやサバイバルゲーマーじゃなくても楽しめる訓練があるのがTTCです。
興味をもたれたらぜひTTCに行って見て下さい。


楽しい教官と愉快な仲間たちが笑顔で迎えてくれますよ♪





















おまけ♪









f0046325_16123564.jpg



TTCでの新たな出会いがさらに私の人生をくるわせて行く・・・・・orz









ではまた。
[PR]
# by thirty-satan | 2012-03-10 16:14 | タクティカルトレーニング

タクティカルトレーニング ~ISKY JAPAN~


ども、JINNです。



さて、私が受講しているタクティカルトレーニング(以下タクトレ)の紹介の2回目は




ISKAY JAPAN





ここは千葉県八千代市にあるモケイパドック主催で行われており、受講者のレベル別にクラス(LEVEL1~6)を設けていてエアガンの安全管理は勿論のこと、扱い方から少人数の部隊を編成して一泊二日で行われるSmall Unit Tactics まで初心者から上級者すべてが受講できる内容が用意されています。




・LEVEL1

初心者の方や基礎からしっかり覚えたい方を対象に安全管理、各種射撃前姿勢・各種射撃姿勢などCQM(Close Quarters Marksmanship=近接射撃術)をメインに学べます。




・LEVEL2

銃器の基本的な安全管理(特に銃口管理)をマスターした上で、ハンドガンも含めた基礎的な取り扱いを学べ、近距離における各個人射撃技術の向上やツーマンセルでの基本的な動作を学べます。




・LEVEL2.5

LEVEL2までの内容をマスターした上でCQBの基礎を学びます。


f0046325_14351024.jpg




カッティングパイやクイックピックは勿論のこと、ルームエントリー等のフォーメーションも学ぶ事が出来ます。




・LEVEL3

LEVEL2.5のCQB基礎から応用テクニックを学べます。





・LEVEL4

SUT(Small Unit Tactics=小隊戦術)基礎として教育をメインに学びます。



f0046325_15573788.jpg




f0046325_15575584.jpg



ハンドシグナルやフォーメーション、移動方法等を教わった後の日没後、想定訓練を行います。
想定訓練の内容は毎回違い、その場に行かないと内容を知ることは出来ません。




・LEVEL6

SUT(Small Unit Tactics=小隊戦術)応用で、小部隊での野戦における基本技術を学ぶことが出来ます。




f0046325_16103726.jpg



まずは座学で地図の読み方、コンパスの使い方を教わります。




f0046325_16123514.jpg



襲撃地点の偵察、砂盤の作り、報告の仕方を学びます。




f0046325_16141944.jpg



小部隊での移動、ハンドシグナルでの意思疎通、目的地の襲撃方法を学び、実際にやってみます。



f0046325_16173822.jpg



そして装備品の脱落防止や防音処理を施します。
敵地潜入作戦において脱落防止や防音処置はとても重要で、意外と難しいんです。



f0046325_16183570.jpg



f0046325_16184873.jpg



f0046325_1619518.jpg



作戦の伝達、ターゲットの特徴等の想定訓練の内容が発表され、日没後に作戦行動開始となります。














このLEVEL6受講後の達成感は言葉で言い表せるものではありませんでした。






そしてこのISKI JAPANのもう1つの特徴はファーストエイドを学ぶクラスがあります。

ファーストエイドとは応急処置の事で、人工呼吸や心臓マッサージ、止血法、テーピング法、要救護者の搬送方法などを学べます。




f0046325_16515235.jpg



人工呼吸や心臓マッサージの訓練。
特に人工呼吸は適切な気道確保が難しく、心臓マッサージでは適切な場所、力加減が難しいので繰り返し練習しないとマスター出来ません。



f0046325_17172352.jpg



AED(自動体外式除細動器)の作動体験。



f0046325_16554382.jpg



身近なもので負傷箇所の固定方法の実施体験。



f0046325_16564423.jpg



負傷者の搬送方法の実施体験。


f0046325_1731981.jpg



最後は想定訓練で街中で負傷者に遭遇した場面を再現し、適切に処置できるか実際に行います。




実際に救急救命士が講師として行いますので大変タメになる講習です。








ISKY JAPANでは定期的に各トレーニングを開催しているので基礎から学びたいサバゲー上級者でも楽しく受講でき、ファーストエイドでは日常の応急処置を学べるので一般の方(?)も楽しく受講出来ると思います。










おまけ♪










f0046325_17213447.jpg





第一回のSUT応用訓練で特別講師を務めて頂いた@けぢ氏。




この方に出会ってしまったお陰で私の思考回路は狂わされてしまい、次なるトレーニング場となるタムラ・トレーニング・センターへと誘われてしまうのです・・・・・orz










ではまた♪
[PR]
# by thirty-satan | 2012-02-26 17:31 | タクティカルトレーニング

タクティカルトレーニング ~IBF8 in SAS-T~




ども、JINNです。





最近すっかりブログの更新も滞っているのに何故か一年前に比べてアクセスが多い。





アクセスワードも以前は車関係が多かったのに最近ではサバイバルゲームやミリタリー関係のワードが主で、毎月一番多いアクセスワードが

「タクティカルトレーニング」

とか、

「CQB やり方」

というのが多くなり、最近のタクティカルトレーニング(以下タクトレ)への関心の高さがなんとなく伺えます。








もうね、車関係のアクセスワードなんてスッカリご無沙汰(^-^;









そんな訳でせっかくタクトレに興味を持った方々がブログに訪問してくれているので私がタクトレを受講している場所、団体をご紹介したいと思います。






まず初めに私が一番最初にタクトレを受講した八王子にあるIBF8
内のトレーニング施設、SAS-T



ここではCQBの基本の基礎、射撃姿勢やエアガンの構え方等をジックリ教わりました。





トレーニング内容は参加者の希望やレベルによって変わりますが、銃の構え方や扱い方はもちろんのこと、射撃前姿勢、射撃姿勢、バリケード射撃、チームによる連携の取り方など基本的なことから応用までシッカリと学ばせてくれます。


何よりCQBテクニックをサバイバルゲームでも使えるように教えてもらえるのも、ゲーマーにとってとても参考になると思います。





f0046325_1344139.jpg



初めてSAS-Tでのトレーニングでホルスタードローの練習。

ハンドガンの持ち方が一昔前の持ち方なのはご愛嬌(^-^;







ここのトレーニングフィールド1番の魅力、CQBフィールドでのトレーニングは様々なシチュエーションが展開できるので色々なパターンのトレーニングが可能です。







まずシューティングエリア(仮)では射撃の基礎や応用、バリケードテクニック、チームによる連携を学べます。





f0046325_13184497.jpg



レーンは5レーンありますが、状況によって色々とレイアウトを変更出来るので様々なトレーニングが可能です。







f0046325_13242560.jpg



各レーンから各自射撃を開始。



f0046325_13252087.jpg



面での制圧射撃なので横のラインを崩さずに前身するのがポイント。




f0046325_13261595.jpg



途中教官からの号令で射撃姿勢を変えて射撃を継続します。

一番奥では私が途中で弾切れによる弾幕が切れるのを防ぐために早めのマグチェンジ。
各自のマグチェンジのタイミングをずらすのも制圧射撃では重要です。





f0046325_1331592.jpg



もちろんスイッチからのモデファイもやらされます(^-^;





f0046325_1335110.jpg



レンジを横に使ってのムービングシュート。

このムービングシュートでは常に動き続けるのがポイント。
射撃に夢中になったり、ターゲットに弾が当たらないと動きが遅くなったり止まってしまいます。




f0046325_1336017.jpg



人数が少ないと撃ち終った後スタートラインまで走って戻らなければならないので、かなりハードです。

ちなみに、誰かの携帯している弾がなくなるまで終わりません。





f0046325_1339175.jpg



今度は中央のレーンを使い、左右に設置されたターゲットを動きながら、しかもスイッチングしながらムービングシュートをするのでさらに難易度が上がります。





f0046325_150197.jpg



バリケードを使って相互支援しながら移動するトレーニング。


ここでは仲間との意思の疎通が重要で、移動する時、マグチェンジの時の掛け声や銃口管理などの安全管理もかかわってくるのでさらに難易度が増してきます。






CQB基礎エリア(仮)では基本的なテクニックでもあるカッティングパイや2マンセルでの動きで室内検索やバディとのカバー(相互支援)などを学べます。



f0046325_14464016.jpg



スタックを組み、部屋の入り口まで静かに接近。



f0046325_1449493.jpg



まずはカッティングパイ(カットパイとかパイとか呼び方は場所により様々)で室内を検索。
その後突入します。



f0046325_14541483.jpg



一通りの動きをやった後、すぐに良かったところ、悪かったところを指摘され、修正しながら何度も基本動作を繰り返します。







さらに画像はありませんが、ホテルをイメージしたCQB応用エリア(仮)の2箇所では様々な室内検索を学ぶことが出来ます。
特に一番最後のエリアはカフェテリアやバーを想定しており、4人以上でないと突入するには厳しくなっています。







よくYouTube等の動画サイトを見て動き方を知っている方を見かけることがありますが、その動きの意味やポイントを理解している人はあまり見かけません。


その点トレーニングを受講すると一つの動作のポイントや動きの意味を学べるのでよりレベルアップを図れます。







トレーニング内容も初心者コースから1日ざっくりコースなどの設定もありますが、どんなトレーニングを受けたいか相談すれば希望に沿った内容でトレーニングを受講できます。




個人的にSAS-Tはサバイバルゲーム初心者から上級者まで幅広くお勧めの場所です。












おまけ♪








初めてSAS-Tのトレーニングを受講した時の一枚。









f0046325_1523218.jpg




スタックを組んでいるトップ二人はミリブロでも有名なタッキーSGT氏せんじ~の氏


この二人とはその後他のトレーニング場でもご一緒することとなり、私は彼らが作り出す色々な伝説を目の当たりにすることとなります♪(≧∀≦)ノシ










ではまた。
[PR]
# by thirty-satan | 2012-02-25 15:42 | タクティカルトレーニング



なんとなくやってみようかなと・・・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ラーメン屋
from ラーメン屋の案内
24時間耐久レース
from 塩のつらつら手作り
爆音マフラーをなんとかし..
from 自動車
佐野ラーメンおいしいです..
from 田舎暮らしは最高!!
塩のつらつら手作り
from ま、テキトーにな。
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧